3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

渋谷パルコ「オンリー・フリーペーパー」でXマス企画-「サンタからの手紙」

約50組のクリエーターがクリスマスをテーマにデザインした便箋

約50組のクリエーターがクリスマスをテーマにデザインした便箋

  • 0

  •  

 渋谷パルコ・パート1(渋谷区宇田川町)6階のフリーペーパー専門店「Only Free Paper(オンリー・フリーペーパー)」(TEL 03-6416-4422)で12月15日から、クリスマス企画「サンタからの手紙~オクヤマ・サンタもやってくるヤア!ヤア!ヤア!~」が開催される。

 地域誌や音楽情報誌、アート、囲碁・林業情報誌など幅広いジャンルのフリー誌・紙をそろえている同店。フリーペーパーは「自由な媒体」であることから、ラブレター(手紙)もフリーペーパーと位置付ける。

[広告]

 店頭では白い洋2封筒に同店のロゴをデザインした封筒(100円)を販売。購入客には参加クリエーターがクリスマスをテーマにデザインした便せんを、封筒1枚につき最大5枚進呈する。参加クリエーターは、蒼室寛幸さんやジョン・ヒロボルタさん、クリエーティブ・ユニット「Neon O'clock Works」やイラストレーター利光春華さん、アートユニット「uwabami」、同店スタッフでもある江上奈於さんなど約50組。店頭に置く便せんは順次入れ替えていく。

 期間中、「オクヤマ・サンタ」こと、自身でフリーペーパー制作も手掛けている同店のアートディレクター奥山太貴さんが手紙を添削・アドバイスする「言葉のプレゼント」サービスも行う。希望者は、同店で選んだ便せんに手紙を書き、店頭に用意する靴下に入れると、早くて即日、遅くても2・3日で「オクヤマ・サンタ」が添削した手紙が店頭の白いプレゼント袋に入れられる。その中から自身の手紙を探して持ち帰る仕組み。サービスは無料。

 同店スタッフの松江健介さんは「アナログなことをやっている店なので、デジタルな時代だが紙に文字を書くという大元のアナログの良さ=手紙でダイレクトに気持ちを伝えようよ、と企画した」とし、「クリエーターさんが作った便せんを見る楽しみもあるが、今回のイベントを機に、家族や恋人などにメッセージを伝える大切さなどを感じていただけたら」と話す。

 営業時間は10時~21時。今月25日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞