食べる 買う

「ミシュランガイド東京・横浜・湘南2012」発売へ-韓国料理店で世界初の2つ星も

日本ミシュランタイヤ(千代田区)ベルナール・デルマス社長(写真左)らによって「星付き」レストランが発表された

日本ミシュランタイヤ(千代田区)ベルナール・デルマス社長(写真左)らによって「星付き」レストランが発表された

  •  
  •  

 恵比寿ガーデンホール(目黒区三田1)で11月29日、星によるカテゴリー分けでレストランとホテルを紹介するガイドブック「ミシュランガイド東京・横浜・湘南2012」発売に先駆け「星付き」レストランの発表が行われた。

「ミシュランガイド東京・横浜・湘南2012」

 ミシュランガイドは1900年、仏・ミシュランが旅行者(ドライバー)向けの旅行案内を掲載したガイドブックとして創刊し、2005年に米国初の「ミシュランガイドニューヨーク版」を、2007年にアジア初の「ミシュランガイド東京」を発行。2009年に国内2カ所目となる「京都・大阪」版を刊行し、翌年に関西版に神戸、関東版に横浜と鎌倉を追加。国内発行5周年を迎えた今年は、関西版に奈良、関東版に湘南エリアが新たに加わった。

[広告]

 同書が「そのために旅行する価値がある卓越した料理」と定義する「3つ星」=17店(東京16店、湘南1店)、「遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理」の「2つ星」=57店(東京52店、横浜3店、湘南2店)、「そのカテゴリーで特においしい料理」の「1つ星」=219店(東京179、横浜14店、湘南26店)と昨年より「星付き」レストランは37店増え、計293店となった。

 今回新たに対象となったのは横須賀市や葉山町、逗子市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、大磯町、小田原市、湯河原町の9地区。掲載店の約7割が日本料理で、「ふぐ」「そば」「すき焼き」「すし」「天ぷら」「鉄板焼き」「うなぎ」「精進料理」「居酒屋」「串揚げ」「焼き鳥」「牛肉料理」「とんかつ」「おでん」「新日本料理」など。

 今年の「3つ星」獲得店は、東京=日本料理「麻布 幸村」「石かわ」「かんだ」「小十」「濱田家」、すし「あら輝」「すきやばし 次郎 本店」「鮨さいとう」「鮨 水谷」「鮨 よしたけ」、ふぐ「臼杵ふぐ山田屋」、新日本料理「えさき」「龍吟」、現代風フランス料理「カンテサンス」「ジョエル・ロブション」、天ぷら「七丁目 京星」、湘南=日本料理「幸庵」。「鮨 よしたけ」が初めて3つ星を獲得したほか、「龍吟」が2つ星から昇格。2つ星では世界で初めて韓国料理「モランボン」が獲得するなどした。

 会見に登壇した日本ミシュランタイヤ(千代田区)ベルナール・デルマス社長は「初年度は東京のわずか8区をカバーするガイドとしてスタート」と5年前を振り返り、昨年から採用している1人当たり5,000円以下で食事ができる店を示すコインマークが、今年は全体の40%以上(東京97店、横浜7店、湘南22店)に付いていることから、「特別な記念日からちょっとした食事会まで、いろいろなシーンで使ってもらえるガイドブックになっている」と話す。

 新たに加わった湘南エリアに関しては「湘南と言えば『海』のイメージが強いが、今日からはおいしい食事というイメージも加わり、これからは日本や世界から湘南に輝く星を目指してドライブする人がうれしい」とも。

 価格は2,520円。発売は12月2日。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞