見る・遊ぶ 学ぶ・知る

山手線でWi-Fi情報配信サービス開始-みん経・沿線ニュースも

「山手線トレインネット」のトップ画面。現在の走行位置に合わせた情報が表示される

「山手線トレインネット」のトップ画面。現在の走行位置に合わせた情報が表示される

  • 0

  •  

 JR東日本は10月4日、山手線車内でスマートフォン向け情報を配信する実験「山手線トレインネット」を開始した。

山手線トレインネット「試行中」のステッカーを貼った実験車両

 車内の快適性向上を目指した研究開発を進めている同社。列車に乗車中のスマートフォン利用客へ、現在位置に応じた運行情報や沿線情報などをリアルタイムに配信するシステムの開発に取り組んでいる。

[広告]

 今回、約1カ月間にわたり実験を行う「山手線トレインネット」。期間中、山手線1編成に同社フロンティアサービス研究所が設計・試作した「車両内でのパーソナルな情報提供システム『infoPiC』」を搭載し、該当車両乗車中の乗客のスマートフォンに向けて、現在位置に基づいた情報を配信する。iPhone、Androidに対応し、アプリも用意。利用方法はホームページで確認できる。併せて、実験車両の現在走行位置もPCやスマートフォンで確認できる。

 コンテンツは、首都圏各路線の運行情報、停車駅一覧と各駅までの所要時間、各号車の乗車率・車内温度などを走行区間に合わせて配信。さらに、小学館やよしもとクリエイティブ・エージェンシーが提供する「エンタメ」、山手線車内のトレインチャンネルと連動したCM動画「トレインch+」、山手線の駅ナカ情報やクーポンなどの「お得情報」も用意する。

 そのほか、「シブヤ経済新聞」など山手線沿線エリアをカバーする「みんなの経済新聞ネットワーク」10媒体が「沿線ニュース」を配信する。

 実験は11月2日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞