買う

原宿に米キャップブランド「ニューエラ」日本初直営店-蒸気ケアマシンも

各種キャップのほかアパレルなどのライフスタイルグッズも展開する店内

各種キャップのほかアパレルなどのライフスタイルグッズも展開する店内

  •  
  •  

 原宿通り近くに2月、米キャップブランド「NEW ERA(ニューエラ)」の国内初となる直営店「NEW ERA TOKYO」(渋谷区神宮前3、TEL 03-6447-1810)がオープンした。経営はニューエラジャパン(目黒区東山1)。

蒸気を利用してキャップの形を整えるケアマシンも導入

 1920年に創業した同ブランド。ストリートファッションのアイコンとして知られ、メジャーリーグベースボール「唯一」の公式キャップでもある。国内では、2004年からスポーツ用品店やセレクトショップなどでも取り扱いを開始。かねてより直営店の出店計画があり、物件が見つかったことなどから出店するに至った。

[広告]

 「当ブランドが日本で広く認知されたきっかけがストリートファッションだったため、その聖地的な裏原宿に出店した」と広報担当者。2階に位置する同店は、木目を中心に「ニュートラルな印象」に仕上げた。店内には、蒸気を利用してキャップの形を整えるケアマシンを初導入。同ブランドのキャップを無料でクリーンアップするサービスも提供する(素材やサイズ、スタイルにより使用不可能なアイテムも)。

 ニューエラの「顔」であり、キャップのボディー部分「クラウン」がベースボールキャップとは異なり、側面が垂直に近く、上部も平面になっているワークキャップ「WM-01」(4,410円)をはじめ、ライフスタイル・マガジン「EYESCREAM」(音楽と人)とのコラボ企画で、プロ野球球団「東京ヤクルトスワローズ」のロゴをベースボールキャップ「8-Panel BB Cap」にデザインし、リアサイドの「TOKYO SOUVENIR」の刺しゅうに同球団の背番号用フォントを採用した「東京ヤクルトスワローズ8-Panel BB Cap」(7,140円、4月発売予定)など同店限定商品も展開する。

 メーンコレクションの「ニューエラ」とカジュアルハット&キャップコレクション「EK BY NEW ERA(EK バイ ニューエラ)」のほか、アパレルなどのライフスタイルグッズなども取り扱う。中心価格帯は、ニューエラ=4,500円~7,500円前後、EK バイ ニューエラ=6,000円~1万5,000円前後、アパレル=4,500円~5万円前後、バッグ=7,000円~3万円前後、アクセサリー=300円~9,000円前後。

 オープンから1カ月がたった。10~40代など幅広い客層の来店があり、「近隣のショップスタッフの方々にも来店いただいている」という。

 営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加