学ぶ・知る

「渋谷ヒカリエ」とツイッター連動企画-ARアプリで3Dヒカリエも

ARアプリ「アラプリ」でマーカーを読み込むと「3Dヒカリエ」を見ることができる

ARアプリ「アラプリ」でマーカーを読み込むと「3Dヒカリエ」を見ることができる

  • 0

  •  

 東京急行電鉄(渋谷区南平台町)は現在、渋谷駅東口・旧東急文化会館跡地で開発工事が進む超高層複合ビル「渋谷ヒカリエ」とツイッターを連動した「Shibuya Hikarie 撮ったー!キャンペーン」を展開している。

[広告]

 2012年春に開業を控える同館の建設予定地や外観、各用途構成などの認知向上を目的にした同企画。昨年12月に発表されたスマートフォン向けAR専用アプリ「ARAPPLI(アラプリ)」を利用する。

 同キャンペーンでは写真コンテストを開催。同アプリを使い、キャンペーン特設サイトやリーフレットに提示したARマーカーを読み込むとみることができる「3Dヒカリエ」を撮影しツイッターに投稿する「ARヒカリエ撮ったー!」コースと、2週間ごとに切り替わる「お題」に沿って現在の同施設を撮影しツイッターに投稿する「ヒカリエ工事百景撮ったー!」コースを用意する。

 同施設は高さ約182.5メートル、地上34階・地下4階建て。2月中旬現在、鉄骨は29階部分、約140メートルの高さまで立ち上がっており、3月には最上部まで鉄骨が組みあがる予定。同施設建設現場仮囲いには、駅周辺や道玄坂、円山町などのエリアごとに分け、昭和初期ごろなど「昔の渋谷」と「今の渋谷」を同じ場所・アングルで撮影し対比した写真72枚を掲出している。

 キャンペーンは3月27日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース