アメリカ橋公園で「エビチュー」-恵比寿の中心で妻と野菜に愛を叫ぶ

妻や野菜などに対する愛を叫ぶ「エビチュー」が開催され通行人らが思い思いの気持ちを叫んだ

妻や野菜などに対する愛を叫ぶ「エビチュー」が開催され通行人らが思い思いの気持ちを叫んだ

  •  
  •  

 恵比寿・アメリカ橋公園(渋谷区恵比寿4)で1月31日、野菜や妻に対する「愛」を叫ぶイベント「恵比寿の中心で妻と野菜に愛を叫ぶ『エビチュー』」が開催された。

 1=「アイ」、31=「サイ」とかけ「愛妻・愛菜の日」とし、近くの恵比寿ガーデンプレイス・恵比寿三越地下2階にナチュラル&オーガニックスーパー「Oisix(オイシックス)恵比寿三越店」(TEL 03-3441-8811)を出店するオイシックス(品川区)と日本愛妻家協会(群馬県吾妻郡)が共同で開催。

[広告]

 当日は、主婦や外国人など恵比寿を行き交う人たちが飛び入りで参加。「いつもありがとう」「野菜大好き」「I love you」など思い思いの気持ちを叫んだ。オイシックスで販売する野菜の生産農家も参加し、野菜に対する「愛」を叫んだ。

 「『愛菜の日』に何かできればと思っていた」と同社広報室の大熊拓夢さん。「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ(キャベチュー)」「日比谷公園の中心で愛を叫ぶ(ヒビチュー)」など「●●チュー」が各地で開催される中、同協会とコラボレートしたイベントを開催することで、「もっと野菜に興味を持っていただけるのでは」との思いから企画したという。

 同協会イベントプロデューサーで「サケビスト」の小菅隆太さんは「企業タイアップということで正直盛り上がらないかと思っていたが、交差点という立地もあり飛び入り参加が多く、大成功だった」と振り返る。「来年以降も開催できれば」(大熊さん)とも。

 オイシックス恵比寿三越店ではこの日、「ピーチかぶ」「愛さい菜」など一部の野菜を「愛菜」に掛け131円で販売している(売り切れ次第終了)。営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞