新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は11人

食べる

渋谷にスペイン発キャンディー専門店「パパブブレ」-国内2号店

スペイン発アートキャンディー専門店「papabubble渋谷店」の店内

スペイン発アートキャンディー専門店「papabubble渋谷店」の店内

  • 0

  •  

 渋谷・神山町に11月、スペイン発のアートキャンディー専門店「papabubble(パパブブレ)渋谷店」(渋谷区神山町、TEL 03-6407-8552)がオープンした。経営はカンノ(中野区)。

フルーツ系やハーブ系のフレーバーを用意するキャンディー

[広告]

 パパブブレは2002年にスペイン・バルセロナでトミー・タングさんが創業。現在、アメリカやオランダなどに9店舗を展開している。日本では2005年、スペイン本店で約2年キャンディー作りを学んだ同社菅野清和社長が1号店を中野区にオープン。2~3年ほど前から2号店の出店を検討し、渋谷・神山町エリアの「通りの雰囲気が気に入った」ことなどから出店を決めた。

 店舗面積は約60平方メートル。インテリアデザイナー関祐介さんが手がけた店舗は、ガラス張りのファサードに、あめ細工や菅野社長のアンティークコレクションなどをディスプレー。「キャンディー作りの過程もショーとして楽しんでいただきたい」と、オープンキッチンにした。

 やわらかいあめを重ね伸ばして作るキャンディーは、赤や黄色、緑などカラフルな配色で手作り感のある絵柄も特徴。アップルやストロベリー、洋ナシ、パッションフルーツなどのフルーツ系フレーバーや、チョコレートミントやペパーミント、ラベンダー、ローズ、コーラなどハーブ系のフレーバーを用意。各フレーバーを使ったキャンディーのほか、フルーツ系フレーバーを詰めた「フルーツMIX」やハーブ系フレーバーを詰めた「モーリスMIX」、正月やバレンタインデー季節に合わせた絵柄をデザインしたキャンディーの詰め合わせなども用意する。

 価格は、40~60グラム入りの「BAG」=450円、170グラム入りの「JAR」=1,500円、300グラム入りの「BIG JAR」=3,000円、小粒のキャンディーを詰めた試験管型の「TEST TUBE」(30グラム)=1,200円など。

 オープン後は20~40代を中心に、子ども連れなど近隣住民や近隣企業に勤めているビジネスマン、OLなどが中心に来店。男女比は3対7程度。

 営業時間は11時~21時(日曜・祝日は19時まで)。月曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース