新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は11人

シンガポール発ステーショナリー「プリンツ」、渋谷パルコに日本1号店

木目や黒を基調に仕上げるシンガポール発ステーショナリーブランド「Prints」の国内一号店のイメージ図

木目や黒を基調に仕上げるシンガポール発ステーショナリーブランド「Prints」の国内一号店のイメージ図

  • 0

  •  

 渋谷パルコ(渋谷区宇田川町)パート1地下1階に9月23日、シンガポールのステーショナリーブランド「Prints(プリンツ)」の国内1号店(TEL 03-6427-8601)がオープンする。経営はジェイホップス(新潟市東区)。

マスコットキャラクター「NENYベア」をデザインしたペン立て

[広告]

 同ブランドは2003年にシンガポールで創業。スウェーデン出身のデザイナー、ラス・ウイックマンさんが手がけるプロダクトは、ビビットカラーやパステルカラー調などのカラーバリエーションをそろえるほか、再生紙を使用するなど地球環境に「こだわっている」という。現在、シンガポールのほか、香港などで10店舗を展開。日本国内1号店となる渋谷パルコ店に続き、年末には英ロンドンへの出店も予定している。

 インポート商品の輸出入・販売を手掛ける同社の水沢徹社長がシンガポールへ出張した際、偶然目にした同ブランドのショップを見て「カラーバリエーションの豊富さやデザインのかわいらしさに感動した」ことから、国内でも売り出したいと同ブランドを展開する星PRINTS Design社と日本総代理店契約を昨年10月に交わし、出店にこぎ着けた。

 同社総務部長兼ショッピングサイト責任者の中澤薫さんは「『カラーライフスタイル』の提案とキュートなデザイン商品を訴求するには、流行の発信基地である渋谷が最適と考えた」と話す。

 店舗面積は17.8坪。木目や黒を基調にする店内では、ノートやアルバム、ラッピング用品など約1,500アイテムのほか、同ブランド以外の周辺雑貨500アイテムを販売。「各商品群での使い方をトータルで提案する」という。

 同ブランドのマスコットキャラクター「NENYベア」をデザインした手帳「A6NENYベアワンポイント手帳」(1,000円)や「NENYベア」をかたどったしおり(200円)、家や子どもなどのイラストで街を表現した「ハッピータウン」柄のペン立て(1,050円)などを扱う。中心価格帯は、アルバム=1,500円~4,000円、ノート=600円~2,000円、写真フレーム=1,500円~ほか。初年度売り上げ目標は7,000万円。

 営業時間は10時~21時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース