原宿のアフリカ雑貨店「マサイマーケット」に「ブブゼラ」の予約殺到

各国の国旗や国名がプリントされている「ブブゼラ」

各国の国旗や国名がプリントされている「ブブゼラ」

  • 0

  •  

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で注目を集めている南アフリカの民族楽器「ブブゼラ」を手に入れようと、アフリカ雑貨やアクセサリーなどを扱う「MAASAI MARKET HARAJUKU(マサイマーケット原宿)」(渋谷区神宮前1、TEL 03-3408-0722)に現在、問い合わせが殺到している。

「ブブゼラ」を吹く今澤徹男社長

[広告]

 連日テレビで放映されているW杯の試合で、各会場の応援席から鳴り響く「ブブゼラ」の重低音。南アフリカでサッカーの応援の際に使用するラッパ状の民族楽器。不満や苦情も伝えられる中、国内で同楽器を手に入れたいという人が急増しているようだ。

 同店を経営するJAMAA(代々木1)社長の今澤徹男さんは「南アフリカの有名な楽器なので、W杯開催に向け扱うことは決めていた」とし、「予想以上の反響で驚いている。これは、日本代表が好成績を収めているということも影響しているのでは」と話す。

 同店で扱う「ブブゼラ」の長さは63センチ。プラスチック製の本体に、各国の国旗や国名をプリントしたカバーをかぶせた「W杯モデル」。最初の入荷では、日本や南アフリカ、アルゼンチン、イングランド、スペイン、ブラジル、カメルーン、ポルトガル、オランダ、イタリア(各種3,980円)の10カ国で計100本が入荷。「全国各地から問い合わせをいただき、インターネットでの購入が一番多かった。日本が一番早く売り切れたが、販売開始から3日ほどで各国ともに売り切れた」という。

その反響から再入荷を決定。現在予約受け付け中で、すでに200本ほどの予約が入っているという。再入荷するのは日本やアルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、イングランド、スペインで、入荷数は日本=100本、他5カ国で合計100本を予定。

 今澤さんは「予約いただいている以上に問い合わせが多いので、もっと入荷したいが、現地でも品切れになっているくらい。現在、南アフリカで生産しているので楽しみに待っていてほしい」と話す。「これをきっかけにアフリカを好きになる方が増えれば」とも。

 営業時間は11時~19時。同楽器は「マサイマーケット下北沢店」(世田谷区)や同店のオンラインショップでも予約・購入できる。入荷は6月25日~28日ごろを予定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース