加藤登紀子さんがSNS参加権付き新譜-タワレコが独占販売

タワーレコード渋谷店で「1968」プロジェクトを発表した加藤登紀子さん(左から2人目)ら

タワーレコード渋谷店で「1968」プロジェクトを発表した加藤登紀子さん(左から2人目)ら

  •  
  •  

 国内アーティストとしては初の試みとなる、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)参加権が付いた加藤登紀子さんのマキシシングル「1968」(ユニバーサルミュージック)の発表が9月28日、タワーレコード渋谷店(渋谷区神南1)で行われた。

 すべて新録音による同作品は、昨年の加藤さんの新作オリジナル曲「1968」を中心に、「HERO」(2009年)、「ひとり寝の子守唄」(1969年)のほか、ベトナム戦争の中で歌われたチン・コン・ソンの名曲「美しい昔」の4曲で構成されている。発売は10月7日。

[広告]

 発売日同日にスタートするSNS「1968 by 加藤登紀子」は、OpenPNEの開発元である手嶋屋(板橋区)が技術提供した。加藤さんの公式サイト「TOKIKO WORLD」の「1968」特設ページにアクセスし、マキシシングル「1968」に印字されたシークレットナンバーを打ち込むことでSNSに参加できる。ログイン画面のデザインは、マキシシングルのジャケット画像と25歳のころの加藤さんの写真をベースに構成した。SNSでは、購買者同士がコミュニケーションを楽しむ場を提供する。

 加藤さんは「1968(昭和43)年が面白かったのは、誰もが率直に自分をさらけ出していたこと。だから今、もっともっと感じるままに自分のありのままの思いを、混沌(こんとん)のままに語っていいと思う。それが『1968』を作曲した直接のきっかけです。ちょっと1968風に言うと『2009年の解放区』をつくりたくてSNS『1968』を始めるんです。大学を占拠した若者みたいに、すてきに『68』しましょう」とコメントしている。

 価格は1,300円。タワーレコードが、全店舗とオンラインで11月30日まで独占販売を行う(12月より解禁)。

  • はてなブックマークに追加