恵比寿「ナディッフ」、篠山紀信さんと全館コラボ-「ヌード」史追う

期間中は全館で篠山さんのヌード作品を通じ、50年間の活動を振り返る(写真=告知ビジュアル)

期間中は全館で篠山さんのヌード作品を通じ、50年間の活動を振り返る(写真=告知ビジュアル)

  • 0

  •  

 恵比寿の複合アート施設「NADiff A/P/A/R/T(ナディッフ・アパート)」(渋谷区恵比寿1、TEL 03-3446-4980)は4月1日より、写真家・篠山紀信さんと全館でコラボレーションする複合企画展「NUDE!! NO NUDE!? by KISHIN」を開催する。

昨年7月、恵比寿にオープンした「ナディッフ・アパート」外観

[広告]

 ヌード写真家として世界的評価も高く、デジタルカメラによる写真・映像作品「digi+KISHIN(デジキシン)」や「新次元ヌード」の発表など新スタイルのヌード表現にも挑んできた篠山さんの活動開始50周年記念企画。今年に入り4カ月連続でリリースしてきた写真集「NO NUDE by KISHIN」「NUDE by KISHIN」(共に朝日出版社)シリーズと連動し、全フロアで関連企画を展開する。

 プロデュースするのは、写真集の編集を手掛け、同館2階「G/P gallery」のディレクターも務める編集者の後藤繁雄さん。地下1階「NADiff gallery」では、記念写真集でモデルを務めた明日花キララさんの写真を、カラーと未発表モノクロ作品で展示。1階書店「NADiff a/p/a/r/t」では最新刊「NUDE by KISHIN」の先行販売をはじめ、店内には篠山さん「幻」のヌード写真集も展示する。

 2F「G/Pギャラリー」と「ArtJamContemporary」で展示するのは、60~70年代のビンテージ写真。3階の現代アートギャラリー「magical, ARTROOM」は、篠山さんが1968年に発表した、モノクロ写真の白と黒が一部反転するソラリゼーション作品「PHANTOM」を公開。同ギャラリーの岡田聡さんがオーナーを兼任する4階の喫茶&スナック「MAGIC ROOM??」では、カフェを舞台にした明日花キララさんの撮り下ろし企画も。

 会期中、同11日にNADiffギャラリーで明日花さんのサイン会と、明日花さん、篠山さん、クリエーティブディレクターの箭内道彦さんらによるトークイベントを開催するほか、同12日、20日にもトークショーを開催(いずれも要予約)。

 営業時間は12時~20時。4階は11時30分~24時(金曜・土曜・祝前日は翌4時まで)。各フロアともに入場無料。4月22日まで(3階は同8日~14日)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース