±0、初の「電動ハイブリット自転車」-ヤマハと協業、限定販売へ

電動ハイブリット自転車(写真)は、先着20台の限定発売。遊び心のあるかごや統一カラーが±0らしいデザイン

電動ハイブリット自転車(写真)は、先着20台の限定発売。遊び心のあるかごや統一カラーが±0らしいデザイン

  • 0

  •  

 プロダクトデザイナー深澤直人さんがデザインする家電・雑貨ブランド「±0(プラスマイナスゼロ)」(本社=プラマイゼロ、港区南青山5)は11月28日より、同ブランド初となる電動ハイブリット自転車の限定予約を開始する。

[広告]

 ヤマハ発動機販売(港区)との共同企画商品で、電動ハイブリット自転車「PAS」の20インチタイヤを採用したコンパクト・街乗り自転車「PAS CITY-C リチウム」の限定モデル。オリジナルデザインのかごは、スーパーマーケットなどで使用される「買い物かご」をイメージ。後部には細身のリアキャリアを付けるなど、±0らしいシンプルでユーモアのあるデザインを随所に取り入れた。

 色はグレーとグリーンの2色を用意し、かごやボディー、リアキャリアまで全体を1色に統一したのが特徴。粉体塗装業界を主導するカドワキコーティング(横浜市)が「最高級」の粉体塗装とウレタン塗装で表面を仕上げた。ボディーにはシリアル番号も。全長1,540ミリ、幅590ミリで、車両重量は21.8キロ。

 走行モードは全4種類で、変速グリップを回すと状況に応じてギア(内装3段変速)を選べる。メーンスイッチにはバッテリー残量計も付く。1充電(約2時間)あたり、「オートエコ」モードをオンにした際は65キロ(強モード=34キロ)、オフにした際は38キロ(強モード=23キロ)が走行距離の目安。各カラーともに、価格は199,500円(予価)。

 限定台数は20台(先着順)。11月28日~12月26日の9時~17時(土曜・日曜・祝日は休み)、±0受注センターの同自転車専用ダイヤル(フリーダイヤル0120-2053-99、携帯電話からはTEL 03-3590-9291)で予約を受け付ける。販売エリアは、東京(離島を除く)と神奈川、千葉、埼玉限定。商品の受け渡しは来年1月下旬~2月中旬予定。

 直営店「±0 青山本店」(北青山3、TEL 03-5778-5380)では10月25日より、実機を展示している。営業時間は11時~20時(土曜・日曜・祝日は19時まで)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース