渋谷に人気ピッツァ・バーの姉妹店-ワインセラーなども

入口から奥へと伸びる店内では、ハウス系のクラブミュージックを流し雰囲気を盛り上げる

入口から奥へと伸びる店内では、ハウス系のクラブミュージックを流し雰囲気を盛り上げる

  •  
  •  

 窯(かま)焼きピザをオール1コイン(500円)で提供するスタンディングバール「VOCO(凹) 恵比寿店」(渋谷区恵比寿1)の姉妹店「CONA(コナ) 渋谷店」(道玄坂2、TEL 03-3770-5729)が11月4日、渋谷の渋東シネタワー裏手の一角にオープンした。

 同店を運営するエムグラントフードサービス(西原2)は、2006年9月に設立。関東を中心に、水炊き専門店「ふくのかみ」やステーキハンバーグ&サラダバー「けん」など約30店舗の外食事業をこれまでに手掛けてきた。VOCO(凹)は、2006年2月に三軒茶屋「VOCO(凹)」を開業し、今年1月に2号店を恵比寿にオープンしたが、運営するTOP VLAZZ(恵比寿1)が今年8月に倒産。恵比寿店の事業を引き継いだエムグラントフードサービスの子会社、サンクスプラス(西原2)がその姉妹店として同店を出店した。

[広告]

 店は、入口から店内奥へと伸びる造りで、恵比寿店と同様にDJブースを置き、ハウス系のクラブミュージックを流すほか、ワインセラーを新たに設置。約50種類のワインを常備する。君野仁志店長は「スタンディングの店は男性客の割合が高くなりがちだが、クラブミュージックを流し、女性でも気軽に立ち寄れる店作りを目指した」と話す。スタンディングで約20人を収容。店舗面積は約10坪。

 主力メニューの窯焼きピザは、恵比寿店と同じオール1コイン(500円)で、約20種類を提供する。ピザの生地やソースはオリジナルのものを使い、300度の釜で焼き上げる。定番の「マルゲリータ」や「タラコとポテトのピッツァ」などのほか、「ゴルゴンゾーラ」「生ハムと半熟卵のピッツァ」のスペシャルピザ(1,000円)も2種類用意。「なすとモッツァレラチーズのグラタン」「海の幸たっぷりドリア」などのサイドメニューもそろえる。

 アルコールは、ビールをはじめ日本酒やカクテル、ワイン(グラス)などをオール500円で提供する。ボトルワインは1本=1,900円。客単価は2,500円。30代前後の女性をメーンターゲットに据える。

 営業時間は16時~翌4時。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞