天気予報

16

16

みん経トピックス

英画家グラハム・クラーク展イスラエル発コスメ日本上陸

渋谷センター街のビジョンが全面リニューアル-省エネ・ワイド化へ

  • 0
渋谷センター街のビジョンが全面リニューアル-省エネ・ワイド化へ

全面リニューアルした「マイティビジョン渋谷」(右は大型ビジョン「Q’s EYE」)

写真を拡大 地図を拡大

 渋谷・ハチ公前交差点、センター街入り口にある大盛堂商事ビル壁面の屋外大型ビジョン「スーパーライザ渋谷」が8月4日、名称を「Mighty Vision SHIBUYA(マイティビジョン渋谷)」に改め、全面リニューアルした。

 同ビジョンは1995年4月に開設。現在は、毎日広告社(千代田区)が広告販売総代理店を務める。

 今回のリニューアルでは、大型LED(発光ダイオード)画面を採用し省エネ化を図ったほか、明るい部分は鮮やかに、暗い部分は深みのある黒で再現する「ブラックレンズスクリーン」を用い、高画質化した。フレームにアルミニウム合金を取り入れ、軽量化したのも特徴。サイズは、縦幅が約80センチ縮まり、横幅が約1メートル広がったことで「ワイド化」にも対応した。サイズは縦5.6メートル×横9.92メートル。

 広告枠は、15秒に4回と15秒8回の2パターンで、1日間、7日間、14日間など日数(最長1年間)によって異なる。料金は21万2,000円(1日間・15秒×4回)~。時間買い切りもあり、料金は40万円(3分間)~220万円(60分)。

 同ビジョンでは、リニューアルを記念して当日より、環境保全を事業とする「毎日新聞社 水と緑の地球環境本部」のシンボルキャラクター「そらべあ」のアニメーションを上映する。そらべあは、北極グマの「そら」と「べあ」の兄弟が、温暖化の影響で氷が溶けて母クマとはぐれてしまうストーリー。同ビジョンでは1時間に1回、約1分40秒の短編作品を流す。

 映像は連日、毎時24分ごろに上映している。今月31日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

渋谷でパラスポーツの魅力発信「ビヨンドフェス」。渋谷マークシティ外壁にはプロジェクトのカラーや漫画家・高橋陽一さんのイラストなどを掲出する
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング