青山に「高野山カフェ」-精進ランチ、写経体験などで魅力アピール

「高野山カフェ」イメージ

「高野山カフェ」イメージ

  •  
  •  

 昨年9月、青山にオープンし話題を呼んだ期間限定カフェ「高野山カフェ」(事務局=TEL 03-3257-0035)が今年も9月3日から5日間、青山・子どもの城近くのカフェ「Hy’s(ハイズ)」(渋谷区神宮前5)内にオープンする。

カフェで提供する限定メニュー「高野山精進ランチ」

 同カフェは和歌山県・高野山の「情報発信」空間として、南海電鉄と高野山真言宗総本山金剛峯寺が共同企画。精進料理をアレンジした「精進ランチ」や、僧侶が直接指導する写経や瞑想(めいそう)などのユニークな企画が話題を呼び、昨年は6日間で約3,300人を動員した。

[広告]

 好評を受け2度目の開催となる今年は、カフェメニューの拡充に加え、僧侶による新イベントも実施。通常の観光プロモーションとは一線を画した独自企画で、首都圏の若い世代を呼び込む狙い。

 会場となるカフェ「ハイズ」は期間中、「高野山」仕様に衣替え。店内ではお香をたき、平安末期の武将平清盛が金剛峯寺に寄進したとされる重要文化財「両界曼荼羅(まんだら)図」(血曼荼羅)の複製を展示。清盛が自らの額の血を絵の具に混ぜて彩色したともいわれる同作が原寸大に複製され今年7月、金剛峯寺に奉納されたことから、カフェではこの複製の「縮小版」を展示するという。

 カフェでは精進料理をイタリアンテイストにアレンジした独自メニューを提供。メニューは金剛峯寺が監修、ジャガイモと豆乳の冷製スープや抹茶塩で食べるカボチャ入りごま豆腐、レンコンや豆腐の精進トマト煮などをセットにした「高野山精進ランチ」(1,260円)、高野山の老舗ごま豆腐にシロップ漬けフルーツを乗せたスイーツ「ごま豆腐と季節のマチェドニア」(525円、各1日100食限定)、地元の酒蔵「初桜酒造」の日本酒にザクロを加えたオリジナルカクテル「高野山の夕焼け」(735円)の3種類を用意する。

 体験企画は、昨年も好評だった僧侶直々の指導による「写経」「瞑想」プログラムを今年も実施。浄書した写経は金剛峯寺への奉納(1,000円)も受け付けるほか、瞑想プログラムでは真言宗の瞑想法の1つ「阿字観」が体験できる。今年新たに加わるのが、経文に旋律を付けて唱える仏教音楽「声明(しょうみょう)」。9月6日、2回にわたり「声明ライブ」を開催する。

 いずれも所要時間は1時間で参加無料。参加は事前予約が原則(申し込みは8月25日まで、応募多数の場合は抽選)。

 営業時間は12時~21時(最終日は19時まで)。9月7日まで。

精進料理をアレンジした「高野山精進ランチ」(関連画像)オリジナルカクテル「高野山の夕焼け」(関連画像)「高野山カフェ」青山に-写経体験などで首都圏客呼び込み(シブヤ経済新聞)高野山カフェ

  • はてなブックマークに追加