新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は22人

渋谷・シネマライズで「UKロックナイト」-パンクロック映画公開で

©Northsee Limited 2007

©Northsee Limited 2007

  • 0

  •  

 ポストパンク・ロックの重要バンドとして1970年代終わりに活躍した「ジョイ・ディヴィジョン」のボーカル、イアン・カーティスの波乱の人生を描いた映画「コントロール」の公開を記念して、渋谷・シネマライズ(渋谷区宇田川町、TEL 03-3464-0051)で3月22日、オールナイトイベント「UKロック ナイト」が行われる。

[広告]

 イアン・カーティスは、70年代後半に結成されたイギリスのバンド「ジョイ・ディヴィジョン」のボーカリスト。パンク・ロックの後に出てきた音楽ジャンル、ポストパンク・ロックの重要バンドとして活動していたが、1980年にイアン・カーティスが23歳の若さで自ら命を絶ったことでバンドは休止。残されたメンバーは新たにボーカルを迎え、バンド名を「ニュー・オーダー」に改めて活動を続ける。

 映画「コントロール」は、フォトグラファーのアントン・コービンさんの初監督作品で、今年のカンヌ国際映画祭で「カメラドール賞(新人監督賞)」「英国インディペンデント映画賞」など5部門を受賞。コービン監督は、U2、ビョーク、ドリームズ・カム・トゥルーなど世界のアーティストの写真を撮り続けるフォトグラファーとしても知られる。

 オールナイトイベントでは、同作のほか、イギリス・マンチェスターのミュージックシーンを描いた「24アワー・パーティー・ピープル」、パンク・バンド「クラッシュ」のフロントマン、ジョー・ストラマーの人生を追った「ロンドン・コーリング」の3作品を上映。トークショーも行われ、音楽雑誌「MUSICA(ムジカ)」編集長の鹿野敦さんをゲストに招く予定。

 開催時間は22時45分~翌6時10分(トークショーは23時~)。料金は2,800円。映画「コントロール」は、シネマライズほかで公開中。

米パンクバンド「ラモーンズ」のドキュメンタリー、渋谷で公開へ(シブヤ経済新聞)「パンク・ロック」のルーツに迫るドキュメンタリー、渋谷で限定公開(シブヤ経済新聞)パンク文化を追った写真家・ハービー山口さん、名古屋で初の個展(サカエ経済新聞)コントロール(公式サイト)シネマライズ

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース