新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は4人

欧州最大手銀行「HSBC」、広尾に富裕層向けの日本1号店

日本初の「HSBCフィナンシャルセンター」がオープンする広尾プラザ

日本初の「HSBCフィナンシャルセンター」がオープンする広尾プラザ

  • 0

  •  

 欧州最大手金融グループのHSBC(本社=英ロンドン)は11月15日、来年1月にも広尾に富裕層の個人向けサービスを専門に行う日本1号店を開くと発表した。マス富裕層に向け2000年にサービスを開始した「HSBCプレミア」サービスのみを提供する国内1号店で、世界での導入は36カ国目。1月には赤坂にも同様の支店を出し、今後日本での新たな支店網を構築する。

 広尾支店は「HSBCプレミアセンター」として、広尾駅前の商業施設「広尾プラザ」(渋谷区広尾5)2階に開く。同区画には今年5月まで「シティバンク広尾支店」(同月中に移転)が入居、同一フロア内には現在「新生銀行フィナンシャルセンター」も出店している。店内では1,000万円以上の預かり資金を持つ個人を対象に、専門スタッフが資産運用アドバイスなどを行う。

[広告]

 香港上海銀行のフランソワ・モロー個人金融サービス本部長は、店舗に立地について「広尾プラザはHSBCプレミアの潜在顧客にとって非常に便利な場所」とし、「(同サービスの)イメージにふさわしい場所からサービスをスタートすることを大変うれしく思っている」とコメントしている。

 HSBCグループの母体行である香港上海銀行(本店=香港)は現在、東京・大阪の各支店で主に法人向けの金融業務を提供しているが、個人向けのHSBCプレミアサービスでは今後、東京、大阪をはじめとした主要都市で新たな店舗網を形成していく予定。

HSBC

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞