代官山に家電ブランド「デロンギ」世界初の複合ブランドストア

8日にオープンする「De'Longhi's TOKYO ~LIFE STYLE CENTER~」外観

8日にオープンする「De'Longhi's TOKYO ~LIFE STYLE CENTER~」外観

  • 0

  •  

 オイルヒーターやエスプレッソ・マシンなどの高級家電で知られる伊ブランド「デロンギ」は9月8日、代官山にブランドコンセプトを集積した世界初の複合店舗「De'Longhi's TOKYO(デロンギーズ トーキョー)~LIFE STYLE CENTER~」(渋谷区猿楽町、TEL 03-5428-4631)をオープンする。

 7日に行われた会見に出席したデロンギ・ジャパン(千代田区)のパトリック・ロエル社長は「製品紹介だけではなく商品を実際に体験してもらえる店舗。デロンギを通じて『イタリアニティー(イタリアらしさ)』を感じてもらいたい」とアピールした。会見には店舗設計士や桑原敏武渋谷区長も出席。オペラ独唱やタレント・女優の辺見えみりさんによるトークショーも開かれ、門出を祝った。

[広告]

 デロンギーズ トーキョーは、イタリアンレストラン(1階)と、バール、ショールーム機能を兼ねたショップ、キッチン教室などにも使える多目的スペース(いずれも2階)を併設した複合店。流れるようなカーブを多用した設計と、ブランドのイメージカラーでもあるオレンジ、青を基調にした空間が特徴で、2階バールでは人気商品の全自動エスプレッソ・マシンを使い、セルフサービスでエスプレッソを飲むこともできる。

 デロンギブランド「発祥の地」という伊ベネト州出身のシェフを起用した1階は、コース料理も提供する本格イタリアン。メニューは、前菜盛り合わせ、選べる魚・肉料理、コーヒーをセットにした「デロンギーズ・ランチ」(2,500円、デザート追加はプラス300円)や各種ディナーコース(3,800円~5,800円)、アラカルトメニューの「マグロのソテー ドライトマト ポテト ブラックオリーブ・ローリエの香り」(2,300円)など。

 テラス席も併設した2階ブルスケッタバールでは、オリーブ、ゴルゴンゾーラなど16種類のブルスケッタのうち3種類と、コーヒー、カプチーノなどのドリンクがセットで選べる「ブルスケッタ・セットメニュー」(850円~1,000円)を提供。エスプレッソは、店舗カウンター前で実際に作り方を体験できる。

 2階にはデロンギ商品を一堂にそろえたショールーム兼ショップも開設。フードプロセッサーやオーブンなどのキッチン用品に加え、主力のオイルヒーターも紹介。「デザイン性だけでなく『質重視』の製品に触れることで、ブランドだけでなく商品の訴求も図る」(同社)という。個室空間の多目的スペースには本格的なキッチン設備を備え、定期的に料理教室などを開催していく予定。

 普段も買い物などで代官山エリアをよく利用するというゲストの辺見えみりさんは、秋らしいカラーのニットワンピース姿で登場。過去に訪れたイタリアでのエピソードを交えながら「イタリア料理は日本でも旦那さん(木村祐一さん)と食べに行く。夫婦でも来てみたいですね」。トーク中、スタッフからエスプレッソ・マシンを勧められると「いつかは家に置いてみたい。(高級なので)旦那さんに買ってもらおうかな」と幸せそうに話していた。

 会見ではオペラ歌手の石原克美さんによる独唱も。独唱の舞台となった1階レストランのステージでは、開業後もピアノの生演奏などが披露されるという。営業時間は、イタリアンダイニング=12時~14時30分(ランチ)、15時~17時30分(ティータイム)、18時~23時(ディナー)、ブルスケッタバール=11時~22時、ショップ=11時~19時。

関連記事(シブヤ経済新聞)-代官山に「デロンギ」日本初直営店De'Longhi's TOKYO ~LIFE STYLE CENTER~

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞