チェコの60年代女の子映画「ひなぎく」がリバイバル上映

映画「ひなぎく」より©FILMEXPORT PRAGUE DISTRIBUTION s.r.o.

映画「ひなぎく」より©FILMEXPORT PRAGUE DISTRIBUTION s.r.o.

  • 0

  •  

 シアター・イメージフォーラム(渋谷区渋谷2、TEL 03-5766-0114)は9月1日より、チェコを代表する60年代「女の子映画」の名作「ひなぎく」(ヴェラ・ヒティロヴァー監督)をリバイバル上映している。

[広告]

 金髪のボブヘアーにひなぎくの花輪を飾った姉、ダークブラウンの髪を2つに結びレースのショールを首飾りにする妹。ともに「マリエ」と名乗り画面の中で予測不能に遊び回る2人の少女を描いた同作は、日本でも岡崎京子さん(マンガ家)や野宮真貴さん(ミュージシャン)らがファンを自称するなどガールズ・ムービーの「決定版」として知られる。

 実験的な効果音や光学処理、唐突な場面展開など演出方法の独創性が評価される一方、劇中にはシュールで破壊的な表現も含まれるため、ヒティロヴァー監督は数年間、政府から映画製作を許されなかったというエピソードも。作品は1966年に製作されたものの、公開されたのは90年代に入ってからだった。

 シアター・イメージフォーラムでは、同21日のDVD再発売に伴いリバイバル上映を実施。連日レイトショーで21時から「ひなぎく」とチェコの監督による60年代の短編アニメーションを同時上映している。同時上映作品は、1日~7日=「エトセトラ」(ヤン・シュヴァンクマイエル監督、1966年)、8日~14日=「二つの毛糸玉」(ヘルミーナ・ティールロヴァー監督、1962年)ほか。

 料金(当日)は一般=1,200円、学生・シニア・会員=1,000円。

シアター・イメージフォーラム

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース