渋谷パルコ「フランフラン」旗艦店が全面改装-ビル改変に伴い

渋谷パルコ・パート2の改変に伴い、「フランフラン」旗艦店が全面リニューアル(写真=売り場の様子)

渋谷パルコ・パート2の改変に伴い、「フランフラン」旗艦店が全面リニューアル(写真=売り場の様子)

  • 0

  •  

 インテリア・雑貨ブランド「Francfranc(フランフラン)」を展開するバルス(渋谷区神南1)は3月2日、渋谷パルコ・パート2(宇田川町)の旗艦店をリニューアルオープンした。渋谷パルコ・パート2は地下1階~4階を全面改装し同日グランドオープン、地下1階にはインポートブランドやセレクトショップを集積させたファッションフロアも登場した。

 旗艦店「Francfranc DESIGN FOR LIFE(デザイン・フォー・ライフ)渋谷パルコ店」(TEL 03-3477-8848)は、リニューアルに伴い売り場を従来の地下1階・2階・3階から、2階~4階の連続したフロアへと移転した。店舗の内装はインテリアデザイナーの森田恭通さんが手がけ、メーン通路に幅を持たせるなど回遊性を高めた。リニューアル後の店舗面積は約368坪(1フロアあたり約120坪)。

[広告]

 売り場は全フロアを白で統一し、光る柱や什器、ボーダー状にラインを入れた天井のデザインでポイントを作った。2階は食器、ステーショナリー、タオルなどを扱う小物・雑貨フロア。コーナーごとに「仕切り感」を持たせテーマ別に商品を陳列するなど「買い物を楽しめるレイアウトにした」(同社)。

 家電やソファ、机などのインテリアを扱う3階・4階は空間にゆとりを持たせ、各区画の天井にはテーマを掲出するなどの工夫を凝らした。主な商品構成は、3階=家電やデスク、椅子、4階=ソファやベッド、シーツ・クッションなど。営業時間は10時~21時(不定休)。

 渋谷パルコ・パート2の地下1階に同日オープンしたファッションフロアには、アレキサンダー・マックイーンのセカンドライン「McQ(マックキュー)」、表参道のセレクトショップ「デュアル」のSC(ショッピングセンター)初店舗、独ベルリンのファッションブランドを集めた「ヴット ベルリン」などが出店。1階には、伊「ディーゼル」のアクセサリー・小物専門店と東京コレクション参加ブランド「トーガ」がそれぞれ新規出店した。

 渋谷パルコは今春パート1、パート3の一部でも改装を行い、全館を通じ全28区画、総売り場面積=約2,182平方メートルの大規模リニューアルを実施。パート2のリニューアルでは「30代前後の『ワンランク上』の客層の取り込みを強化する」として、リニューアル初年度の売上高30億円を目指す。

フランフラン関連記事(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞