デジタルガレージ、亜細亜証券印刷と共同でIR支援会社

  •  
  •  

 デジタルガレージ(渋谷区富ヶ谷2)は8月1日、亜細亜証券印刷(港区)と共同で、投資家や株主に対するIR(インベスター・リレーションズ)活動を支援する合弁会社「グロース・パートナーズ」(富ヶ谷2)を設立することを明らかにした。

 資本金は1億円で、出資比率はデジタルガレージが58%、亜細亜証券印刷が40%ほか。代表取締役はデジタルガレージの林郁代表が兼任する。業務開始日は同22日を予定。

[広告]

 新会社では、上場企業の情報公開実務などを手掛けてきた亜細亜証券印刷のノウハウを軸に、デジタルガレージの持つブログ検索機能などの技術を用いて、企業のIR活動を支援。企業情報や投資状況などを整理したサイトの運営や、会員制コミュニティサイトの運営、IRコンサルティング業務などの事業をメーンに、企業・個人投資家の両者に向けて情報ツールを提供し「双方向型」の情報提供サービスを展開する。

 デジタルガレージではこれまでにも、ぴあ(千代田区)、カカクコム(文京区)との共同出資会社、WEB2.0(ウェブツーポイントオー、富ヶ谷2)を通じユーザー参加型の情報共有サイトを運営するなど、CGM(消費者作成メディア)を活用した事業を展開している。

デジタルガレージ

  • はてなブックマークに追加