「バイク王」子会社、文化村通りにバイク特化の駐車場

  • 0

  •  

5月8日、SHIBUYA109並びの文化村通り沿い(道玄坂2)に、バイクに特化した大型駐車場「パーク王 渋谷文化村通り第一駐車場」がオープンした。駐車場は、オートバイ買取専門店「バイク王」を展開するアイケイコーポレーション(恵比寿南1)が、駐車違反取締の強化を軸にした、6月1日施行の「改正道路交通法」に先駆けて、駐車場運営のカーテック(千代田区)と合弁で立ち上げた子会社「パーク王」(神南1)が手掛ける初の駐車場となるもの。敷地面積は988平米。57台分の原動機付自転車駐車スペースに加え、二輪駐車場=27台分、四輪駐車場=21台分が、それぞれ設けられるほか、セキュリティカメラ=8台を設置し、24時間体制で警備員が常駐する。時間貸駐車装置やコインパーキング用精算機など設備・管理面でカーテック社のノウハウを導入するほか、「バイク王」のブランド認知度を活かし、今後も首都圏の繁華街を中心に展開を進める予定。また、駐車場の両脇には360度回転式のLED広告塔を設置し、オープン当初は自社広告で「パーク王」の認知拡大を図るほか、「今後需要があれば他企業の広告掲載も検討する」(同社広報)という。料金は、二輪=100円(30分)、原動機付自転車=100円(1時間)、四輪=400円(30分)。同8日、駐車場のグランドオープンに伴う式典に参加した大木茂樹パーク王社長は「好立地からのスタートとなり、広告塔の設置などで既存駐車場の上を行く土地活用ができた」とコメント。式典には桑原敏武渋谷区長も参加し祝辞を述べた。なお、同駐車場の土地は、ヤマダ電機(群馬県)が取得したことが明らかになっている。
パーク王

[広告]
  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース