ユーロスペースが円山町に移転-舞台挨拶に宮崎あおいさんら

  • 0

  •  

1月14日、円山町1のミニシアターコンプレックス「Q-AXビル」内に、ミニシアター「ユーロスペース」が移転リニューアルオープンした。「ユーロスペース」は1982年に開業。渋谷を代表するミニシアターとして桜丘町で営業を続けていたが、2005年11月13日より移転のため一時閉館していた。オープニング作品「ギミーヘブン」の舞台挨拶には、同作主演の安藤政信さん、宮崎あおいさんらが出席し、立ち見客を含む約200人の観客が壇上のトークに聞き入った。(写真)同館は、1フロア(3階)=92席と145席の2劇場で作品を上映。オープニング作品はほかに、吉川ひなのさんらが出演する「カミュなんて知らない」。入館料は、一作品につき1,200円。また、同日、名画座としてオープンした「シネマヴェーラ」(4階=142席)では、古典、ヤクザ映画、ロマンポルノなど邦画を中心に、著作権問題で知られる弁護士で館主の内藤篤さんがセレクトした作品を公開する。オープニング企画は、北野武監督の特集。入館料は、通常上映(2本立て・入替無し)=1,000円。地下1階と2階には1月28日、映画配給を手掛けるレントラックジャパン(恵比寿4)の子会社、キュー・アックスが手掛ける「Q-AXシネマ」がオープンする。(写真=左から安藤政信さん、宮崎あおいさん)
関連記事(シブヤ経済新聞)

[広告]
  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース