食べる 見る・遊ぶ

原宿に「うる星やつら」限定カフェ 新作アニメ公開に合わせ

ラムが放つ電撃の稲妻をパウダーで描くパンケーキ(1,320円)©高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

ラムが放つ電撃の稲妻をパウダーで描くパンケーキ(1,320円)©高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

  • 15

  •  

 テレビアニメ「うる星(せい)やつら」の期間限定カフェが12月8日、原宿・竹下通りの商業施設「原宿アルタ」(渋谷区神宮前1)3階のカフェ「BOX cafe&space 原宿アルタ店」にオープンする。

[広告]

 漫画家・高橋留美子さんによる「うる星やつら」は、「凶相の持ち主」である高校生・諸星あたると、宇宙からやってきた鬼族の女の子・ラムを中心としたラブコメディー。1978(昭和53)年~1987(昭和62)年に漫画雑誌「週間サンデー」(小学館)で連載。1981(昭和56)年にテレビアニメ化された。

 今回、小学館の創業100周年を記念し今月1日から新作のアニメが公開されるのに合わせて限定カフェを展開する。会場には、フォトスポットとしてラムとラムのいとこのテンの等身大フィギュアを展示する。

 メニューは、チーズとほうれん草クリームでラムの洋服のトラ柄を表現するグラタントーストを中心とした「ラムの愛情たっぷり鬼オングラタントースト」(1,650円)や、テンが乗るオマルのようなアヒルを模した飛行艇(ライス)と炎(ルー)をイメージしたカレー(1,540円)、ラムが放つ電撃の稲妻をパウダーで描くパンケーキ(1,320円)、諸星のライバル・面倒終太郎がペットとして飼っているタコをイメージしたプリン(1,100円)、仙草ゼリーとレモン・パッションフルーツソーダでトラ柄を表現したソーダドリンク(990円)など。

 営業時間は10時30分~20時(80分入れ替え制、12月30日~2023年1月4日は原宿アルタの営業時間に準ずる)。事前予約優先(660円)。2月5日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース