食べる

渋谷にカフェ&バー「アッシュ」 「廃棄ゼロ」コンセプトに廃棄物循環も

廃棄デニムを使ったブルーグレーの壁面を取り入れる店内

廃棄デニムを使ったブルーグレーの壁面を取り入れる店内

  • 10

  •  

 廃棄物ゼロをコンセプトにしたカフェ&バー「æ(アッシュ)」(渋谷区神南1)が5月30日、渋谷・神南エリアにオープンした。

繰り返し使えるテイクアウト用のオリジナルカップ

[広告]

 国内外でカクテルバーを展開するSG GroupのSGマネジメント(神南1)が運営する新店。店名は、「æ」の形から、コーヒー豆と無限を意味する∞(インフィニティ―)に由来。コンセプトの「ゼロ・ウェイスト」を目指し、メニューやオペレーションなどに取り組む。

 店舗は、ガラス張りのファサードを生かし「明るくクリーンな」雰囲気に仕上げ、廃棄デニムを使ったブルーグレーの壁面をアクセントにしている。

 カフェで「最も多い」廃棄物であるコーヒーかすはカクテルの材料にするほか、三浦半島の農園で肥料化し、そこで採れた野菜をメニューに使うことで循環させる。メニューやショップカードはQRコードから読み込みオンラインで見られるようにしてペーパーレス化。店舗で破損したコーヒーカップや皿は、回収して肥料にするBONEARTH(ボナース)と提携。モデルでデザイナーのマリエさんがデザインしたスタッフのユニホームは、環境に配慮し、和紙由来の繊維を使っている。

 コーヒー豆はバリスタが監修する同店オリジナルブレンドを使う。バリスタが配合を決め、焙煎(ばいせん)は浅いり・深いりそれぞれ「得意とする」ロースターに依頼する。ブレンド豆を使うことで、年間を通して「ブレない味わい」の提供や、コーヒーの「面白さと奥深さ」の発信を図る。

 カクテルメニューは、エスプレッソマティーニやフラットホワイトなど、カフェのコーヒーメニューをカクテルにアレンジした「Coffee Cocktails」と、グループのバーでカクテルを仕込む際に出る副産物や一度抽出した素材を活用して作る「Zero-Waste Classics」シリーズをラインアップ。テイクアウト用カップは、コーヒーの実の外皮や殻「コーヒーハスク」などを原料にした繰り返し使えるオリジナルのカップを使う。完全キャッシュレス。

 営業時間は10時~23時。当面の間火曜定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース