見る・遊ぶ

サンロッカーズ渋谷、渋谷区長を表敬訪問 「来季は必ずチャンピオンシップに」

渋谷区の花・ハナショブ色のユニホームを手渡したベンドラメ礼生選手(右)

渋谷区の花・ハナショブ色のユニホームを手渡したベンドラメ礼生選手(右)

  • 22

  •  

 Bリーグ・サンロッカーズ渋谷(以下、SR渋谷)のキャプテン・ベンドラメ礼生選手らが5月20日、長谷部健渋谷区長を表敬訪問し2021-22シーズン終了を報告した。

笑顔も見せたベンドラメ礼生選手

[広告]

 昨年10月に開幕したB1リーグは、今月8日にレギュラーシーズンが終了。SR渋谷は予定されていた60試合中59試合を戦い、33勝26敗・東地区6位で終え、惜しくもチャンピオンシップ進出を逃した。

 クラブを運営する日立サンロッカーズの浦長瀬正一社長は「残念な終わり方ではあった」と振り返りつつ、リーグ最多となる試合数を戦ったこと、クラブからは選手・スタッフ各1人というリーグ内でも少ないコロナ陽性者数だったことなどに触れ、「ご支援いただき本当にありがとうございました。来シーズンは必ずチャンピオンシップに出場できるように頑張ってまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします」とあいさつ。

 ベンドラメ選手は「ユニホームを着て髪の毛もセットして、『さぁ行こうか』となっていたところで」その日の試合が中止になったこともあり、「コンディションやモチベーションの部分がすごく難しかった」と振り返った。コロナの影響で各チームの消化試合数が45~59とバラつきがあり、終盤は、勝利数は上回っていても勝率の関係で順位が下になるなど「すごい複雑な状況」だった。その結果順位争いがもつれ、最終戦も「ストレスのかかる試合」となったなか、SR渋谷は競り負けたが、「もちろん勝ちたかったが、良い試合でシーズンを終われたのは良かったのかな」と話した。

 長谷部健渋谷区長は「いちファンとしても楽しく、時には悔しく見ていたが、『スポーツって良いよね』と多くの方が思ったと思う。1シーズンお疲れさまでした」とねぎらい、「さらに頑張っていただき、渋谷の名前をブイブイいわせてもらえたら。できる限り応援させていただきたい」と話した。今季青山学院記念館(渋谷区渋谷4)を中心とするホームゲームで21勝(29試合中)を挙げたことについては、「ホームが強いのは良い。いろいろな活動が結び付いてそうなっていればうれしい」と触れた。

 区内の小中学校でバスケットボールクラブが盛んだといい、長谷部区長が「サンロッカーズの活躍(の影響)が出ていると思う」と話すと、ベンドラメ選手は「小学生などにクリニックとか触れ合いもやっていきたい」と応え、長谷部区長も「来たら喜ぶ」と歓迎の意を表した。

 「毎試合出し切ることはできた」というベンドラメ選手。主力の外国籍選手がけがで離脱するなどアクシデントもあったなか、「チーム全体で『ステップアップしないと』という意識はあったと思う。全員が一歩前に進めたシーズンだったのでは」とチームの成長を感じさせた。ベンドラメ選手個人は平均で12.6得点、アシスト3.8本などをマーク。「トータルとしてはそんなに悪く無かったが、悪すぎる時があるので改善しないといけない」と自己評価。得点では昨季の平均を2.3点上回ったがシュート確率は昨季より落ちたが、「シュートは簡単に打てるから決め切りたい」とも。

 現在はオフの期間となっているSR渋谷。ベンドラメ選手個人としては、昨季はシーズン終了後に東京オリンピックがあり、その後、休む間もなく今季の練習に加わったため、まとまった休暇が久しぶりとなるが、「どうしよう、何をしたら良いのか分からないというのが一番。毎日が無駄に感じ、何かしなきゃトレーニングしなきゃと思えてくる」と、過ごし方は未定な様子だった。

 SR渋谷をはじめシーズンが終了したチームは来季に向けた契約を発表し始めている。「チームの色もあり、サンロッカーズは仲が良いし居心地が良いので、出ていく選手もスタッフもいるこの時期はあまり好きじゃない。割り切れる人もいると思うが僕は寂しいのが勝っちゃう」と言うベンドラメ選手。

 インターネット上では現在、契約情報に関してさまざまなうわさが出回っている。ベンドラメ選手はまだ来季の契約などは発表していないが、移籍のうわさも。自身のSNSでも別のチームの色を前面に出した投稿をするなどしてファンからは悲喜の声が上がっていたが、「たまたま青色が目に付いたから出合った青色を載せていただけで、特に何も考えていない。申し訳ないことをしたなと思って…僕の自由な投稿も気を付けないといけないな」と言及。今月19日には自身のコミュニティーページ内で「噂はしょせん噂なのである」(原文ママ)と意味深長なコメントをしている。どのうわさに対してのコメントかは明らかにしなかったが「受け取りたいように受け取ってもらっていい」と笑みを浮かべた。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース