食べる

中国発・一口肉まん店「パオセンイェーパオズ」、原宿に日本1号店

1日最高60万個売り上げたという「火鍋パオズ」

1日最高60万個売り上げたという「火鍋パオズ」

  • 14

  •  

 一口中華肉まん販売店「パオセンイェーパオズ」の日本1号店(渋谷区神宮前6、TEL 03-3409-6688)が5月14日、原宿にオープンする。経営はグローバルエステート(新宿区)。

路地に位置する店舗外観

[広告]

 中国で2020年に創業し、現在同国内に約300店舗を展開する同店。日本1号店は、20~20代の若年層に「特に刺さりやすい」商品であることや発信力などを考え、同エリアに出店。場所は神宮前交差点近くで、店舗面積は33.13平方メートル。店内に3席を用意するがテイクアウトの需要を見込む。

 メニューは、1日最高60万個を売り上げたという、豚ひき肉やトウモロコシ、シイタケなどを包む「火鍋パオズ」をはじめ、シイタケや豚ひき肉、干し豆腐などを包む「キノコ肉パオズ」、豚ひき肉にさんしょうや唐辛子を合わせる「麻辣(マーラー)パオズ」(以上、各4個580円)の中国でも提供している味に加え、白ネギと豚ひき肉をメインにする「白ネギ肉パオズ」を日本限定で用意。今後、季節などに合わせて味を増やしていく予定。時間帯にもよるが注文を受けてから作り、蒸したてを提供し皮が硬くなることから「10分以内」に食べることを推奨する。このほか、中国のペットボトル飲料「茶π」(280円)、ビール(550円)といったドリンクも扱う。

 営業時間は11時~21時。同店はデパートへの出店も計画しており、本年度中に日本で80店舗の出店を目指す。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース