学ぶ・知る

変わりゆく渋谷の10年を振り返る 渋谷ヒカリエ10周年でトークイベント

会場となる渋谷ヒカリエ8階の8/COURT

会場となる渋谷ヒカリエ8階の8/COURT

  • 31

  •  

 再開発が続く渋谷駅周辺のこれまでの10年間を振り返るトークイベント「2012-2022 SHIBUYA CHRONICLE(シブヤ・クロニクル)~変わりゆく渋谷の10年を振り返る~」が4月28日、渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)8階の8/COURTで開催される。4月26日で同館が10周年を迎えるのに合わせて「渋谷」をテーマに開かれている「SHIBUYA WANDERING CRAFT 2022」の一環。渋谷のラジオとシブヤ経済新聞が共催する。

[広告]

 渋谷ヒカリエは、都市再生緊急整備地域に指定された渋谷駅周辺地区の再編・再開発を計画する事業のトップバッターとして、旧東急文化会館跡地で2009(平成21)年から工事が進められ、2012(平成24)年4月26日に開業した。高低差を解消するための縦移動動線の「アーバンコア」も初めて登場した。

 翌2013(平成25)年3月には東急東横線旧渋谷駅の営業が終了し、東急東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転が始まった。その後、東急百貨店東館や東急プラザ渋谷などの閉館を経て、渋谷ストリームや渋谷スクランブルスクエアの開業を迎える。昨年7月には、渋谷ヒカリエの北側、東京メトロ銀座線線路上部に全長190メートルに及ぶ「ヒカリエデッキ」も開業。将来的には渋谷駅西口・ハチ公前広場側につながる歩行者動線になる。

 トークイベントでは、渋谷ヒカリエが開業した2012年から現在までの10年間を、シブヤ経済新聞が記録し続けてきた写真などをスライドでシェアしながら、「渋谷通」の登壇者が振り返り俯瞰(ふかん)する。

 登壇者は、2002(平成14)年に学部横断型の学際研究事業として始まった「渋谷学」にも関わる田原裕子国学院大学経済学部教授、道玄坂商店街振興組合理事の大西陽介さん、同人誌「渋谷再開発」発行人の松本ゲカイさん、渋谷のラジオ理事長も務める西樹シブヤ経済新聞編集長で、渋谷のラジオ・パーソナリティの島田亜紀恵さんが進行を務める。

 18時30分開場、19時開演。入場無料。会場では、松本さんの同人誌「渋谷再開発」も販売する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース