食べる 買う

「渋谷ヒカリエ」開業-テープカットに亀治郎さん・片瀬那奈さんも

開業と共に来店客が各フロアに足を踏み入れた

開業と共に来店客が各フロアに足を踏み入れた

  •  
  •  

 渋谷駅東口の高層複合施設「渋谷ヒカリエ」(渋谷区渋谷2、TEL 03-5468-5892)が4月26日、開業した。

市川亀治郎さんや片瀬那奈さんらが出席したテープカット

 東急電鉄が主体となり、都市再生緊急整備地域に指定された渋谷駅周辺地区の再編・再開発を計画する事業のリーディングプロジェクトとして2009年から建物の工事を進めてきた同施設。同事業では今後、2012年度に東急東横線と副都心線の相互直通運転の開始に伴い、東横線・渋谷駅の高架式ホームの廃止が予定されているほか、2013年3月には東急東横店東館の営業が終了するなど、大規模な整備が始まる。

[広告]

 小雨に見舞われた当日、1階正面口で予定されていた開業セレモニーは地下3階正面口で行われた。野本弘文東急電鉄社長、二橋千裕東急百貨店社長、桑原敏武渋谷区長、開業イベントとしてヒカリエホールで「二代目 市川亀治郎大博覧会」を開催する俳優・歌舞伎役者の市川亀治郎さん、28日のシンクスのイベントに出演する女優の片瀬那奈さんらが出席し、テープカットが行われた。

 地下3階・地下2階「シンクス」フードフロアへの来店客は地下3階正面口、そのほか地下1階から5階の「シンクス」への来店客は1階正面口、「ロクシタン」限定品を求める客は2階など計4カ所の入り口で案内。それぞれ行列ができた。

 4階「ステューシーウィメン」のノベルティーを手に入れるため7時に来たのは、横浜市在住の土井美咲さん(大学4年)と世田谷区在住の佐藤このみさん(大学1年)。日頃は新宿で買い物をすることが多いというが、同店ができたことで「足を運ぶかも」と話していた。同施設ができることで、「渋谷は若い(人の街という」イメージがあるが、30代以上の人も来やすくなるのでは」とも。

 総菜を中心に見に来たというのは、日頃東横店の「フードショー」を利用しているという世田谷区在住の60代女性。「(フードショーの店は)一通り利用しているが、(シンクスには)違うものが入っているので新しいものを見つけに来た」とし、副都心線のエリアは「暗かったので、人の流れができてにぎわえば」と期待を寄せた。

 地下2階「ヨロイヅカファーム」を目当てに並んでいたのは世田谷区在住の30代男性会社員。同施設が20~40代の女性をコアターゲットに据えていることから、地下1階「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」、6・7階のカフェ&レストランなど飲食を中心に注目しながらも、「デートで来るのはいい」とし、同施設ができることで「幅広い人が来られる街になれば」と話した。

 10時の開店と共に、来場客は各店のスタッフが迎えるフロアに足を踏み入れた。

 営業時間は、シンクス=10時~21時、6階・7階=11時~23時(7階は6月から金曜・土曜・祝前日は翌4時まで)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019