暮らす・働く

「まん延防止」も感染者数増加 渋谷駅周辺の人口は減少傾向続く

渋谷駅前スクランブル交差点の様子(2022年1月28日撮影)

渋谷駅前スクランブル交差点の様子(2022年1月28日撮影)

  • 14

  •  

 新型コロナウィルスの感染拡大を受け1月21日に適用が始まったまん延防止等重点措置の影響から、渋谷駅周辺の人出が減少している。

渋谷駅21時台の平均人口の推移グラフ

[広告]

 位置情報ビッグデータ事業を手掛けるAgoop(渋谷区神宮前3)によると、渋谷駅(半径500メートル)の今月21日21時台の人口は、まん延防止措置が適用される1週間前の14日に比べ7万2821人から6万2255人と約15%減少。その後もそれぞれ1週間前と比べ、初の週末を迎えた日曜の23日が約20%減、平日も26日が約13%減と、減少傾向が続いている。

 渋谷センター街(半径500メートル)の21時台の人口は、21日が1万2422人となり1週間前と比べ約11%減。平日はさらに減少し、24日には同約36%減まで人出が減った。15時台も、21日・22日は共に15%以上減少した。

 防止措置適用後2週間を迎えるも東京都の感染者数が4日連続で過去最大を記録している中、渋谷駅前では28日夜、都と渋谷区、東京消防庁の職員らがオミクロン株の警戒・感染防止の呼び掛けを行った。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース