買う

渋谷ロフトが「おもたせ」テーマにバレンタイン企画 ご当地・エシカルスイーツなど

「SHIBUYA OMOTASE ICHI-BA」売り場

「SHIBUYA OMOTASE ICHI-BA」売り場

  • 39

  •  

 渋谷ロフト(渋谷区宇田川町)で1月19日、バレンタインデーに向けた「SHIBUYA OMOTASE ICHI-BA」が始まった。

39都道府県から集める「ご当地」菓子

[広告]

 バレンタインデーを、好意を寄せる相手にチョコレートを贈るだけでなく、家族や友人などに「感謝や日頃の気持ちを伝え合う」ギフトシーズンと捉え、昨シーズンに続き「おもたせ」をテーマ掲げる。チョコレートをはじめとするスイーツなどを、ロフトならではの「雑貨として」捉え商品をラインアップする。

 各地の産業を応援する意味も含め取り扱う各地の「ご当地」菓子は、昨年から10カ所程度増やし39都道府県からセレクト。梅やクジラ肉など県内の産品を使いクッキーやケーキなどをラインアップする和歌山の「boxes Cadeau de WKYM」(422円)や、パッケージのイラストが目を引く柿の種のクランチチョコレート「チョコにおぼれてみたくて」(香川、454円)、福井の眼鏡型の堅パン(486円)、おからとクルミのきびだんご「ももたろうのおひるごはん」(岡山、162円)、江戸時代に大阪で「厄難厄病を取り払う」と囃しながら歩いた「ちょろけん」をモチーフにしたパッケージが目を引く「なにわちょろけん」シリーズ(芋けんぴ1,296円、あめ594円ほか)など。

 「エシカルスイーツ」は、チョコレート市場の100%フェアトレードとスレイブフリー(強制労働を伴わない製造)を目指すオランダのブランド「Tony’S Chocolonely」、障がいのあるアーティストが描いたイラストを使うチョコレートやマグカップなどを展開する「Artisanシリーズ」などを展開する「第3世界ショップ」、動物性の材料を使わずオーツミルクを使うビーガンミルクチョコレート「H!P CHOCOLATE」(972円)などを集積する。

 近年「人気」のピスタチオに関する食品を集積するコーナーでは、中目黒のピスタチオ専門店「PISTACHICA(ピスタチカ)」のピスタチオをはじめ、ピスタチオチョコ、ピスタチオのコットンキャンディーなどをそろえる。

 このほか、Z世代向けにラジオカセットレコーダーがモチーフの缶パッケージのチョコレート(1,296円)やカセット型のチョコレート(314円)、ガラス食器ブランド「アデリア」の餅あめ入り巾着袋(735円)など「レトロかわいい」スイーツも提案。コロナ禍の「おうち時間」で需要が増えた手作りキットも、ピスタチオ味や見た目も「かわいい」キットもラインアップする。

 営業時間は11時~21時。2月14日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース