新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は1人

見る・遊ぶ

渋谷パルコに「行き先を選べない」旅が当たるカプセル型自販機「旅くじ」

渋谷パルコに設置されたカプセル型自動販売機「旅ガチャ」

渋谷パルコに設置されたカプセル型自動販売機「旅ガチャ」

  • 1037

  •  

 行き先が指定された航空券が購入できるポイントなどが当たるカプセル型自動販売機「旅くじ」が10月13日、渋谷パルコ(渋谷区宇田川町)6階エスカレーター横の特設会場に限定設置された。

カプセルの中には行き先などを指定するくじを封入

[広告]

 格安航空会社Peach Aviation(以下、ピーチ)が展開する同自販機は、コロナ禍で我慢が続いていたなか「ワクワクできるようなサービスを提供したい」と、事業戦略室ブランドマネジャーの小笹俊太郎さんが企画。「何が出るか分からないワクワク感」「偶然性がもたらす新たな出合いと発見を楽しんでほしい」と、中身を選べないカプセルという形で製作した。

 8月から心斎橋パルコに初設置し、2カ月3000個ほど売り上げた。機械には約150個カプセルが入るが売り切れる日もあるという。当初は若年層を中心に利用がありSNSで注目を集めたが、現在では年配の人など幅広く体験しているという。

 その反響もあり、2カ所目として渋谷へに設置した。社員が手作業で詰めているカプセルの中には、特定の行き先(飛行機の就航地)や、その航空券が購入できる「ピーチポイント」6,000円分以上などが書かれたくじと、自販機限定のオリジナル缶バッジ(全3種類)を封入している。利用料は1回5,000円(PayPay決済のみ)。対象となるのは成田空港発の11路線で、就航地は女満別・新千歳・釧路・関西・福岡・大分・長崎・宮崎・奄美・那覇・石垣空港の11カ所。

 ポイントはくじに書かれているコードなどを入力して取得する。くじで指定された就航地の航空券のみに利用でき、希望する航空券にポイントが足りなかった場合は実費となる。ポイントが余った場合は、有効期限内(約半年、現在は3月31日まで)であれば、再び指定の就航地の航空券に使うこともできる。

 「面白がりながら、意外とよかったというのが広がれば」という思いで付けた「ミッション」は社内で公募。「『551あるとき』の顔して写真撮ってきて」(関西)、「『アーモンドオレ』と注文してきて」(釧路)、「囚人服(持参)で『監獄食』を食べて反省してきて」(女満別)など、ガイドブックなどとは異なる視点でその地域を体験できる内容にしている。ミッションに挑戦する様子を、旅に関する情報のプラットフォーム「tabinoco」に「#旅くじ」を付けて投稿すると、抽選で毎月1人に3,000円分のピーチポイントが当たる。

 小笹さんは「『旅くじ』をきっかけに会話が生まれることだけでも価値があると思っていたが、思いのほかハラハラ感を求めている方も多かったんだなとびっくりしている」と言い、「我々のことを関東でももっと知っていただきたいので、『旅くじ』をきっかけに面白い会社と思っていただけたら」と話す。

 渋谷パルコの現在の営業時間は、物販=11時~20時、飲食=11時30分~21時。設置は12月末までの予定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース