新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は11人

食べる

東京都写真美術館にカフェ「フロムトップ」 吉祥寺「コマグラ カフェ」姉妹店

季節のパフェ(現在は「いちじくとぶどうのパフェ」)

季節のパフェ(現在は「いちじくとぶどうのパフェ」)

  • 16

  •  

 カフェ「フロムトップ」(TEL 070-8591-3730)が8月、東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス内)1階にオープンした。経営はATENOY(杉並区)。

店内の様子

[広告]

 同社が吉祥寺で展開する「コマグラ カフェ」の姉妹店と位置付ける同店。SNSで同所の出店者を募集しているのを知り応募したと言い、美術館に併設するカフェというなか、「主人公は美術館。美術館に寄り添ったカフェでありたい」と、店名は同館の愛称である「トップミュージアム」にちなみ命名した。席数は、店内=27席、テラス=8席。テラス席はペット同伴可。

 スタッフのユニホームは、ファッションブランド「suzuki taayuki」を手掛けるスズキタカユキさんがデザイン。同ブランドオリジナルのエプロンに、コロナ禍で「利用しきれなかった」コーヒーと、焙煎(ばいせん)過程で出る「チャフ」を使いスズキさんが染色したエプロンを使う。

 メニューは、野菜のカレー(1,300円)や、白ワインと塩レモンで煮込んだ豚肉・野菜・豆や、付け合わせ2種類などのプレート「豚肉と白いんげん豆の塩レモン煮ごはん」(1,500円)などの食事(サラダ・食後のドリンク付き)、バニラチーズケーキ(700円)、煎茶と豆乳のクリームあんみつ(1,000円)などのデザートを用意。季節のパフェ(1,200円)は現在、紅茶ゼリーやカスタード、イチジクジャム、ミルクアイスなどの「いちじくとぶどうのパフェ」を提供している。ドリンクは、千葉のカフェ「KUSA.喫茶」による「美術館ブレンド」のコーヒー(600円)、福岡・山科茶舗による「フロムトップブレンド」の日本茶(ホット600円、アイス650円)、自家製シロップのソーダ(700円)などをそろえる。

 今月から、フロムトップとコマグラカフェで2店舗連動メニューの提供も始める。

 営業時間は10時~21時(現在は感染拡大防止のため18時まで)。月曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース