見る・遊ぶ

渋谷区の東京パラリンピック聖火ランナー、代々木公園で「点火セレモニー」

点かセレモニーに参加した「渋谷名誉区民」井上順さん(手前左)ら

点かセレモニーに参加した「渋谷名誉区民」井上順さん(手前左)ら

  • 2

  •  

  渋谷区内を走る予定だった東京パラリンピックの聖火ランナーによる「点火セレモニー」が8月24日、代々木公園(渋谷区代々木神園町)内で行われた。

渋谷区内にオフィスを構えるテリー伊藤さん

[広告]

 パラリンピック開会式となったこの日に向け、今月20日に都内で始まった聖火リレー。渋谷区は当初、港区から引き継いだ聖火を表参道の日本看護協会前から代々木公園陸上競技場(織田フィールド)までリレーしていく予定だった。この日、会場には渋谷区立小学校の児童たちも「応援」に駆け付けた。

 セレモニー前には長谷部健渋谷区長や斎藤竜一渋谷区議会議員も登場。区では2016(平成28)年からパラスポーツの推進に「積極的に取り組んで来た」なか、長谷部区長は「区の基本構想で掲げる未来像『ちがいを ちからに 変える街』を実現するためにも、パラスポーツは大きな原動力になる」と期待を込めた。

 渋谷区は 1964(昭和39)年の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの選手村として使われた同所や、開会式などの会場となった代々木公園陸上競技場織田フィールド(神南2)を擁することに触れ、「ゆかりのある渋谷の地で点火セレモニーが開催されることを大変うれしく思う」と話し、「走行することを心待ちにしていたランナーの皆さん、パラリンピックを応援する思いを聖火に込めて選手にエール、世界にメッセージを発信していただきたい」とランナーに呼び掛けた。

 セレモニーでは、聖火ランナーがパラ聖火の特徴である3人1組で約30メートルを走った後、聖火をトーチで受け渡す「トーチキス」を実施。長谷部区長からの点火を受けた硬式野球チーム「稲城リトルリーグ」の選手たちから、渋谷区内にオフィスを構える演出家でタレントのテリー伊藤さん、渋谷区生まれ・在住で「渋谷区名誉区民」に顕彰されているタレントの井上順さんまで聖火をつないだ。

 「渋谷パラスポーツを草の根で応援する運動の会」理事で渋谷区在住の中嶋正樹さんは、日頃からパラスポーツを応援する活動をしていることから「(パラに)参加できたのはうれしかった」と振り返った。公道でのリレーはできなかったが、「渋谷区のランナーが和気あいあいとなっている雰囲気が良かったし、この形になった方が、絆がつながるのかなと感じた」とも。

 同じく区内在住の会社員・中村正義さんは「(普段生活している街の)代表して走れたのはすごくうれしかった。普段、ランニングでも走っているので、何とも言えない気持ち、住んでいるからこそ味わえた感覚」と喜びを表現。東京五輪ではボランティアとして参加し、ボランティア同士をつなぐグループをつくる活動などをしてきた。「ボランティアに選ばれてから五輪・パラ関係のボランティアやパラスポーツの大会も見に行くようになり、普通に面白く、パラ選手がヒーローと例えられるのが分かった。私のように、(パラを通して)いろいろな人が普通のスポーツとして、パラ競技に興味を持つようになってほしい」と期待を込めた。

 代々木公園陸上競技場織田フィールドでは聖火リレー都内到着式が行われ、区立原宿外苑中学校吹奏楽部による演奏が披露されたほか、渋谷区の聖火ランナーとして、元SMAPの稲垣吾郎さん、草薙剛さん、香取慎吾さんらが最終ランナーとして登場した。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース