新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は11人

買う

渋谷駅直結の地下商店街「しぶちか」再オープンへ 初の飲食テナント含め22店

初の大規模改装を行った「しぶちか」のイメージ

初の大規模改装を行った「しぶちか」のイメージ

  • 409

  •  

 渋谷駅直結の地下商店街「しぶちか」が7月1日、リニューアルオープンする。

[広告]

 戦後の渋谷駅周辺で商売をしていた露天商が原点となり、1957(昭和32)年11月に誕生した同商店街。昨年9月、建物の老朽化を背景に、初めて大規模改修に着手していた。

 階層は地下1階。延べ床面積は4978.45平方メートル。「Another scramble」をコンセプトに、直上の渋谷駅前スクランブル交差点と「少し違う顔を持つ、来街者の気分転換となれるような場所」を目指す。

 出店数は22店に縮小。アクセサリー・服飾雑貨の「innocence」やウイッグ・ヘアアクセサリーの「シブヤアクセサリー」、ペットフード・グッズ店「ペットグッズさとう」、ランジェリーショップ「マリーナ」、たばこ・喫煙具の「ありいづみ」、占い「マイ・フォーチュン」、ダンスウエアの「マルコシ」、靴店「みどりや」、生花店「東京生花」など、以前「しぶちか」に出店していた店舗も再出店。金券販売や外貨の両替などを行う「アクセスチケット」はコインロッカーも用意する。

 7月10日には「渋谷 東急フードショー」も大規模なリニューアルを経てオープンする。地下通路に面した区画には、通路側から利用できる飲食店が出店を予定しているため、しぶちかでは、「渋谷 東急フードショー」の対面に位置する区画に飲食テナントを集積。カフェ「AZLM コネクテッドカフェ」、おむすび店「おむすび権米衛」、シュークリーム専門店「ビアードパパの作りたて工房」、クッキー・焼き菓子専門店「ステラおばさんのクッキー」といった飲食テナントが初出店する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース