新型コロナ関連12~64歳も6月中に接種券発送

暮らす・働く

渋谷・神南の区立北谷公園指定管理者に東急ら カフェなど整備

完成イメージ

完成イメージ

  • 125

  •  

 渋谷区立北谷公園(渋谷区神南1)の指定管理者に東急を代表企業とする「しぶきたパートナーズ」が決まった。

整備後のにぎわい創出イメージ

 同園は、神南エリアの「ビームス メン 渋谷」などと隣接。区は、飲食店・売店など収益施設など(公募対象公園施設)の設置と、園内・周辺の園路などの公園施設(特定公園施設)の整備・改修、整備後の管理運営を行う事業者を公募する「Park-PFI」制度を区内の公園で初導入。自転車のバイクや駐輪などに使われていた同園を、地域のにぎわい創出と活性化の拠点として、より多くの人有効に利活用される公園を目指し整備する。

[広告]

 東急を代表企業とする企業コンソーシアムが整備を行い、しぶきたパートナーズが公園の維持管理や公園の情報発信、イベントの企画・誘致などトートルーマネジメントを行う。具体的には、東急が全体統括や維持管理、構成企業のCRAZY ADが広場の運営、日建設計が広場の運営と地域連携業務の推進を担当する。

 面積は960平方メートル。広場(249平方メートル)や、カフェと隣接した半屋外のイベントエリア(67平方メートル)、階段を使って設置するベンチのスペースなどを設けるほか、園内には地上2階建ての構造物(建築面積181.2平方メートル、延べ床面積295.98平方メートル)を建設。米カリフォルニア発コーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」(4月28日オープン)が出店するほか、イベントスペースも併設する。

 半屋外のイベントエリアでは、マルシェ形式のイベントや、地域の祭り「北谷稲荷秋季例大祭」と連携した取り組み、展示会、ワークショップなどを行っていく予定。

 4月1日開園予定。指定管理期間は2025年11月30日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース