新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は8人

食べる

恵比寿に「蒸し焼き」を入れる食パン専門店「スチームブレッドエビス」

店舗外観イメージ

店舗外観イメージ

  • 31

  •  

 テークアウトの「スチーム生食パン」専門店「STEAM BREAD EBISU(スチームブレッドエビス)」(渋谷区恵比寿西1)が2月10日、恵比寿西口・五叉路近くにオープンする。経営はアシスネット(神奈川県横浜市)。

看板メニューの「大人の生#スチパン」

 パンを焼成する工程で蒸し焼き(スチーム)を入れることが特徴の同店。韓国で「話題になっている」蒸し器で焼くパンを提供するカフェ「ミルトースト」に着想を得て商品コンセプトを開発したという。新型コロナウイルス感染症の影響で対面でのコミュニケーションが少なくなる中、「『大切な人を喜ばせること』は失われてはいけない」と、手土産にもなる食パンを企画した。

[広告]

 メニューは、国産小麦、北海道産生クリーム、国産練乳、純粋蜂蜜を使い、乳化剤、香料、着色料、保存料は不使用の「大人の生#スチパン」(800円)をはじめ、生地に生クリームに加えグレープシードオイルを練り込み焼いた時に表面が「ザクっと食感」になるように仕上げた「焼いておいしいトースト#スチパン」(700円)、生地に国産クリームチーズ(ナチュラルチーズ)を練り込む「至極のクリームチーズ#スチパン」(1,800円)、オムレツをパンに挟む「毎日食べたい大満足チーズオムレツパン」(650円)、生クリームの変わりに豆乳を使うカフェオレ(350円、価格は全て税別)などを予定する。

 商品の受取予約から決済までをスマートフォンでできるようにして店舗への滞留時間を短くするほか、オンラインストアも開設し、オンライン限定の商品を用意するなど店頭での人の密集を避けたウェブ上での購買機会の提供を図る。

 営業時間は10時~20時(売り切れ次第終了)。オープンに向けクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」でプロジェクトを展開し、商品の先行予約販売もしている。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞