新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は27人

見る・遊ぶ

表参道のイルミネーション、今年は規模縮小して点灯へ ケヤキ装飾せず

昨年のイルミネーションの様子

昨年のイルミネーションの様子

  • 61

  •  

 冬の風物詩となっている表参道のイルミネーションが12月1日、今年は規模を縮小して点灯する。主催は商店街振興組合原宿表参道欅会。

 原宿駅前の神宮橋交差点から青山通りとぶつかる表参道交差点までの1.1キロにわたりケヤキなどに約90万球のLEDを点灯してきた同所。コロナ禍の今年は、ケヤキへの装飾はせず、明治神宮が今年鎮座100年を迎えたことにちなみ名称を「原宿表参道 百年の灯りライトアップ」と変え規模を縮小して点灯する。

[広告]

 期間中は、神宮前交番横の「まちかど庭園」に、竹に穴を開けて明かり(ろうそくやLED)をともす「竹あかり」の装飾(演出はCHIKAKEN)を行うほか、神宮橋交差点~表参道交差点の植栽帯にLEDを装飾し点灯する。

 同所のイルミネーションは、1991(平成3)年に約300メートルの規模で試験的に始まり、翌1992(平成4)年から本格的に行われている。見物客に対する周辺住民の不満などから1998(平成10)年に中止したが、2009(平成21)年に復活。2012(平成24)年には協賛が付かず低木のみの装飾となったが、2014(平成26)年以降は協賛が集まり再びケヤキも点灯していた。

 点灯時間は17時~22時。12月25日まで(植栽は2021年1月4日まで)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞