食べる

表参道に「マーベル」モチーフの期間限定カフェ 劇中に登場する料理も

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で「ヴィジョン」が作っていたパプリカッシュとカフェラテ

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で「ヴィジョン」が作っていたパプリカッシュとカフェラテ

  • 9

  •  

 アメコミレーベル「MARVEL(マーベル)」をモチーフにした期間限定カフェが10月30日、神宮前交差点近くのコラボレーションカフェスペース「TOKYO BOX cafe&space 表参道店」(渋谷区神宮前6)にオープンする。

「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」などのスタチューを置く

 「パワー」をコンセプトに、ヒーローたちの世界観にインスパイアされたメニューを用意することで「パワーを感じてほしい」と思いを込める。店内には、「スパイダーマン」「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」のスタチューを設置。来年4月に公開を控える映画「ブラック・ウィドウ」のフォトスポットも用意する。

[広告]

 メニューは、竹炭パウダーで着色したご飯とプレッツェルで表現したマイティ・ソーのハンマー「ムジョルニア」をのせるドライカフェー(1,899円)、カフェのロゴをプリントしたオブラートをのせるカフェラテ(899円)、アイアンマンをイメージした赤色のチェリーソーダ(1,099円~)などをラインアップ。鶏肉やタマネギ赤ピーマンなどをトマトソースで煮込む「パプリカッシュ」(1,599円)は映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で「ヴィジョン」が作っていたメニュー。ブランパンにグリンリーフやブロッコリーなどを挟むチキンサンドイッチ(サラダ付き、1,499円~)は、ピーター・パーカー(スパイダーマン)が食料品店で注文するメニューを再現した。

 オリジナルグッズは、カフェのロゴをあしらうトートバッグ(1,000円)やメニューのイラストをプリントするバンダナハンカチ(1,500円)、映画のシーンの写真を使ったカレンダー(2021年版、円)など、「マーベル女子」と呼ばれる「マーベル」が好きな女性を意識した商品を用意する。

 営業時間は10時~21時(80分入れ替え制)。予約優先(1人650円、価格は全て税別)。11月29日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞