3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

表参道などで短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」開催へ

デビッド・リンチさん、ジョニー・デップさん出演のホラー作品「ブラックガイアンドラ」(サム・ライミ監督ほか)より

デビッド・リンチさん、ジョニー・デップさん出演のホラー作品「ブラックガイアンドラ」(サム・ライミ監督ほか)より

  • 17

  •  

 延期となっていた日本発アジア最大級の短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(以下SSFF & ASIA)2020」が9月、表参道や渋谷などで開催される。

 俳優の別所哲也さんが創設者となり1999(平成11)年に原宿で始まった「ショートショート フィルムフェスティバル」。2004(平成16)年には米国アカデミー賞から公式認定を受け、アジア作品を集めた「ショートショート フィルムフェスティバル アジア」を兄弟映画祭として初開催した。以降、SSFF & ASIAとして両祭を同時開催している。

[広告]

 例年、6月4日の「ショートフィルムの日」に合わせ6月に開催しているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い延期となっていた。今年は「(ニュー)ボーダレス」を新たなテーマに掲げ、ショートフィルムを通して「新しい時代の」表現のかたちをつくるという。

 期間中は、112の国と地域から集まった作品の中から約200作品を上映・配信する。上映プログラムは、次年度の米アカデミー賞短編実写部門への推薦につながる「オフィシャルコンペティション」3部門(インターナショナル、アジアインターナショナル、ジャパン)をはじめ、「東京」をテーマに作品を募る「Cinematic Tokyo 部門」、国内の25歳までの監督が制作した作品が対象となる「U-25プロジェクト」、おとぎ話や昔話、民話などを元に創作した短編小説を募り1作品をショートフィルム化する「ブックショートアワード」、女性監督を応援する「Ladies for Cinema Project」、渋谷区とタイアップしダイバーシティとインクルージョンをイメージした作品を集めた「Shibuya Diversityプログラム」などを用意する。

 カンヌ映画祭パルムドール、アカデミー賞4冠を獲得したポン・ジュノ監督によるショートフィルム「支離滅裂」、日本初公開となるデビッド・リンチさん、ジョニー・デップさん出演のホラー作品「ブラックガイアンドラ」(サム・ライミ監督ほか)など特別上映・配信作品もラインアップする。

 同祭では4月からオンラインコンテンツを展開しているが、同祭の開催を前に8月1日に「オンライン会場」をオープン。過去のオフィシャルコンペティション優秀賞作品や、外出自粛中に制作された映像を配信するほか、一部のアワードの先行発表、監督や出演者たちとインタラクティブな交流ができる企画、オープニングセレモニーのライブ配信なども予定する。

 開催期間は9月16日~27日。観覧無料(一部有料イベント有り)。上映会場は表参道ヒルズ・スペースオー、渋谷ストリーム「TORQUE SPICE & HERB,TABLE & COURT」ほか。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞