3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

JR渋谷駅で線路切り替え工事進む 山手線と埼京線・湘南新宿ラインのホームを並列化

埼京線・湘南新宿ライン新ホームの工事の様子

埼京線・湘南新宿ライン新ホームの工事の様子

  •  
  •  

 JR渋谷駅で現在、山手線と埼京線・湘南新宿ラインのホームを並列化するための大規模な線路切り替え工事が行われている。工事に伴い、埼京線・湘南新宿ラインは大崎~新宿間で終日、運休している。

埼京線・湘南新宿ライン新ホーム(3番線)拡幅工事の様子

 2014(平成26)年4月から準備工事を行い、翌2015(平成27)年9月に着工した一連の工事が一つの区切りを迎える。新南口まで約350メートル駅南側に離れていた埼京線・湘南新宿ラインのホームを移設し並列化する。

[広告]

 工事時間帯は5月29日22時ごろ~6月1日4時ごろの約54時間。2018(平成30)年に行った埼京線上り(4番線)線路の切り換え工事に続き、今回は下り線路を切り替える。埼京線・湘南新宿ライン下り(3番線)の線路を持ち上げて移動し、埼京線下りの宮益架道橋の鉄桁を改築(回転・移動)する。

 これまで埼京線・新宿湘南ラインのホームへの通路として使われてきた新ホームのフェンスが撤去され、併せて、移設で使われなくなる旧ホームでフェンスの設置作業が行われている。当面は新南口改札の営業も続け、旧ホーム経由で新ホームと往来できるようにする。

 線路の移動に伴い新ホームの拡幅工事も行われ、床面の仕上げ工事やサイン取り付けも行われている。完成後、新ホームとハチ公改札とは階段、エスカレーター(2基)、エレベーター(1基)で、中央改札とは階段、エスカレーター(2基)、エレベーター(1基)で、南改札とは階段、エスカレーター(1基)で直結される。

 完成後は山手線と湘南新宿ラインの乗り換え時間が大幅に短縮されるほか、埼京線・湘南新宿ラインの利便性が大きく向上する。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞