3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

ゴールドウイン、渋谷区に布製マスクや医療従事者向けフェースシールドなど寄贈

マスクやフェースシールドなどを受け取る長谷部健渋谷区長(右)

マスクやフェースシールドなどを受け取る長谷部健渋谷区長(右)

  •  
  •  

 「ザ・ノースフェイス」などスポーツアパレルを中心に展開するゴールドウイン(渋谷区松濤2)は5月18日、渋谷区にオリジナルマスクやフェースシールドなどを寄贈した。

寄贈した洗える布製マスクや医療従事者向けフェースシールドなど

 同社は本社を区内に構えているほか、両者は協働で地域社会の課題解決を図る包括連携協定「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定(通称S-SAP、エス・サップ)」を結んでいる関係もあり、新型コロナウイルス感染症対策の支援として行った。

[広告]

 布製のオリジナルマスクは3000枚寄贈。同社の競泳水着ブランド「Speedo」の素材を使い作ったもので、洗濯して再使用できる。区内の放課後クラブや保育施設などを利用する児童と職員らが活用する予定。

 ゴーグル(800個)とフェースシールド(100個)は、本来、製薬会社向けに販売を行っているもので、飛沫(ひまつ)から目を守るために使われる。新型コロナウイルス感染症などの治療にあたる医療従事者らに活用してもらう予定。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞