買う

渋谷区公認土産「SHIBUKURO」オンラインショップ開設 売り上げの一部はまちづくりに

無地でシンプルなオリジナルショルダーバッグ(2,860円)

無地でシンプルなオリジナルショルダーバッグ(2,860円)

  • 96

  •  

 一般社団法人渋谷未来デザインと大日本印刷(新宿区)が展開する渋谷区公認スーベニア事業「SHIBUKURO」のオンラインショップが4月28日、開設された。

「シブヤのフクロで未来を動かす」と書かれたオリジナルのカラータグ

[広告]

 モノからコト(ソーシャルアクション=社会的活動)を生み出すきっかけ作りを図る取り組みとして昨年6月に発足した同事業。売り上げの一部を街の清掃活動や公共空間の保全など、渋谷の課題解決・まちづくりに還元する新しい土産の形を提案する。

 「SHIBUKURO」は「渋谷の袋」から命名。ショルダーやトートなどを展開する商品には「シブヤのフクロで未来を動かす」と書いたオリジナルのカラータグを付ける。バッグにすることで日常的に使え、環境に配慮したライフスタイルを提示するほか、区が掲げる環境基本計画やSDGsの取り組みの推進につなげる思いも込めている。

 商品は、無地のシンプルなオリジナルショルダーバッグ(2,860円)、渋谷駅前の忠犬ハチ公像を浮世絵で描いた「道玄坂盆踊り大会」とコラボレーションしたトートバッグ(1,925円)、「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA」公式キャラクター「みどりん」を若手クリエーターibuchangさんが描き下ろしたトートバッグ(2,200円)など。

 1枚につき100円相当を、渋谷未来デザインを通してまちづくりなどに活用する。商品ラインアップは増やしていく予定で、プロジェクトに賛同するアーティストとのコラボバッグなどを検討している。

 長谷部健渋谷区長はかねて、「渋谷駅周辺や原宿も含め、多くの観光客が来るのに土産がなかなか無い」ことをまちづくりの課題の一つとして挙げていた。「この『SHIBUKURO』は、新しい区の公認スーベニアとして土産を生み出すだけではなく、土産として買った人も、モノだけじゃなくて収益がまちづくりに還元されるということもあり、渋谷に関わるモノを持つだけでなく、渋谷の未来につながる社会貢献という体験をしていただくことも含まれていると思っている」とコメントを寄せる。「今はこのような時期で観光客の方もほとんどいない状況になってしまっているが、街がかつてのにぎわいを取り戻したときには、『SHIBUKURO』が新しい形の土産として多くの人に注目されていくことを期待している」とも。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース