見る・遊ぶ

「Bリーグ」131試合を無観客で開催へ サンロッカーズ渋谷、アルバルク東京戦も

過去に開催されたBリーグの試合より

過去に開催されたBリーグの試合より

  • 22

  •  

 3月14日に再開を予定していた男子プロバスケットボール「Bリーグ」の4月1日までのB1・B2の全131試合が無観客で行われる。ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグが3月11日、発表した。

[広告]

 Bリーグでは、政府によるスポーツなどのイベントの「中止か延期、または規模縮小」という要請を受け2月28日~3月11日に予定されていたB1・B2リーグの全99試合を延期していた。しかし、感染者が増えていることや、政府からの「10日間(程度)の自粛延長」要請などを受け判断した。

 リーグでは観客を入れた通常通りの「試合再開」、「延期」「無観客での開催」「中止」の4パターンで検討。情勢が悪化し通常通りの試合再開ができない中、レギュラーシーズン中であること、5月に控えるポストシーズンの日程を変更することが難しいことから、「無観客での開催」「中止」のいずれかの判断を迫られたという。その中で、コンディショニングなどを考え試合をしていた方が「ポストシーズンに向けいい戦いができるのでは」(大河正明チェアマン)と、無観客での開催を決めた。

 そうした中、期間中に行われる全131試合は、バスケットボール専門動画配信サービス「バスケットLIVE」などで無料配信する。試合場内では音楽などの演出が取り入れられているが、ファン声援が無い無観客の試合となり、選手たちの声やシューズの音などが拾われる可能性は高い。大河チェアマンは「無観客だからこそ味わえる醍醐味(だいごみ)」と考える。

 期間中に予定している渋谷区をホームタウンとするサンロッカーズ渋谷の試合は、今月14日・15日=秋田ノーザンハピネッツ戦(ホーム)、同21日・22日=琉球ゴールデンキングス戦、同25日=秋田ノーザンハピネッツ戦(以上アウェー)、同28日・29日=レバンガ北海道戦、4月1日=宇都宮ブレックス戦(以上ホーム)の8試合。

 同じくアルバルク東京の試合は、今月14日・15日=滋賀レイクスターズ戦(アウェー)、同21日・22日=川崎ブレイブサンダース戦(ホーム)、同25日=千葉ジェッツ戦(アウェー)、同28日・29日=秋田ノーザンハピネッツ戦、4月1日=レバンガ北海道戦(以上アウェー)の8試合。

 試合は無観客での開催となるが、選手たちは試合会場への移動などが伴うため、検温や手洗いなどに加え、「ある意味密閉空間」であるロッカールームでの過ごし方や、ドリンクボトルの供用の回避、移動時のタクシーの窓を開けることなどをチームに呼び掛けている。その中で、選手らに感染者が出たチームは一部試合の中止などを想定している。

 大河チェアマンは「日に日に情勢が悪くなっていく中で、中止を命令では無く要請される中、感染者拡大スピードを抑えるための国の施策に協力していかなくてはいけない。その中で無観客を選んだことが、僕らもチームも辛いところだった」と吐露しつつ、無料配信などを通した試合観戦で「一人でも多くの方が元気になっていただきたい」と期待を込める。

 無観客となる試合のチケットの払い戻しは今月12日をめどに案内する。4月4日に観客を入れた通常通りの試合再開を予定しているが、遅くとも4月2日までに判断する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース