3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

渋谷パルコ「カミングスーン」でバレンタイン企画 「次世代」チョコブランド集積

  • 14

  •  

 渋谷パルコ(渋谷区宇田川町)の食のポップアップギャラリー「COMINGSOON(カミングスーン)」で1月25日、バレンタイン企画「Next Cho(co)llective(ネクスト チョコレクティブ)」が始まる。

エッセーが付く「ChocolateLibrary」

 同所のバレンタイン企画第1弾で、「次世代チョコレートコンテンツ」を集めた期間限定ショップとなる。

[広告]

 出品するのは、鹿児島の廃校になった場所に工場を構えるビーン・トゥ・バーブランド「Kiitos(キートス)」、ベルギーで修業した日本人ショコラティエとフランス人デザイナーが手掛ける北海道・旭川のブランドで東京初進出となる「RAMS CHOCOLATE(ラムズチョコレート)」、広島・向島で2014(平成26)年に誕生した「USHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)」と、その姉妹ブランドで植物性素材のみを使っているビーガンミルクチョコレート専門店「foo CHOCOLATERS(フーチョコレーターズ)」など。

 「読むチョコレート」をコンセプトに、果物と組み合わせたチョコレートにショートエッセーを付けて提案する「ChocolateLibrary」は、モデルとして活躍中の小谷実由さんによるエッセーといちごとチョコを組み合わせたアイテムを先行販売する。

 同ギャラリーは、アートディレクター藤本やすしさん率いるデザイン事務所「キャップ」(港区南青山3)が手掛けるスペース。同社は、表参道ヒルズ(神宮前4)の同潤館3階にギャラリー「表参道ROCKET」も展開している。

 開催時間は10時~21時。入場無料。2月2日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞