買う

東急プラザ渋谷にポップアップスペース「111」 センサーで消費行動把握

出店面積をフレキシブルに変えられるようにしたり商品に合わせて選べる取り外し可能な什器を採用したりする店舗のイメージ

出店面積をフレキシブルに変えられるようにしたり商品に合わせて選べる取り外し可能な什器を採用したりする店舗のイメージ

  •  
  •  

 12月5日に開業する東急プラザ渋谷(渋谷区道玄坂1)3階に、ポップアップスペース「111-ICHIICHIICHI-」がオープンする。

「ケイタマルヤマ」の刺しゅうニット

 東急不動産(道玄坂1)が取り組む「次世代型商業事業」の実証実験店舗と位置付ける同スペース。ECの拡大やSNSを中心とした情報発信ツールの発達に伴い、「流行の移り変わり」が速くなり、消費者の「趣味趣向も次々と移り変わる」こと、自社ECのみで商品を販売するDtoC(Direct to Consumer)ブランドも多く誕生していることから、複数年単位で変わらない商業施設のテナントでは消費者のニーズには「応えきれない状況になっている」と同社は考える。

[広告]

 一方、EC中心のブランドや地方で知られるブランドなどの「リアル店舗でのポップアップスペースに対する需要も高まっている」という。そうした背景から、同所では敷金など出店初期費用を軽減するほか、リーフレットやPR動画制作などプロモーションサービスで支援。エントランスにはパッサーカウンター(人数計測装置)をはじめ、属性推定カメラ、人流分析カメラなどのセンシング機器を導入し、ECでは主流である消費者の消費行動の把握を図る。来店客データは出店者にレポートとしてフィードバックする。

 月替わりで設けるテーマに合わせて、「個性的な」4ブランド・ショップを誘致する同所。空間デザインはアッカ(渋谷2)の袴田広基さんが担当し、「上質さと可変性」をテーマに、出店面積をフレキシブルに変えられるようにするほか、商品に合わせて選べる取り外し可能な什器を採用。区画内には、それぞれ試着室とサイネージを設置するなど、出店者が「出店しやすい空間と仕組み」を提供する。店舗面積は約132平方メートル。

 第1弾はファッションデザイナー丸山敬太さんがプロデュースする「Salon de MARUYAMA」が出店。丸山さんが手掛けるブランド「KEITA MARUYAMA」の刺しゅうニット(4万1,800円~)をはじめ、利休バッグ(5万5,000円~)、イギリスのアンティーク家具や北欧のビンテージ家具などを扱うインテリアショップ「ロイズ・アンティークス」とのコラボチェア(6万500円~)などをセレクトするという。展開は今月16日まで。

 第2弾(今月17日~2020年1月16日)は「手仕事」をテーマに、ストールブランド「TARA BLANCA(ターラ・ブランカ)」、ジュエリーブランド「MASAAKi TAKAHASHi」、ドレスシャツ専門店「葉山シャツ」、革製品&シルバーブランド「GRANT」が出店する。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞