買う

新生「渋谷パルコ」公開 テナント192店、高級ブランドからカオス地下街まで

公開された「渋谷パルコ」外観

公開された「渋谷パルコ」外観

  •  
  •  

 建て替えを経て11月22日に開業する「渋谷PARCO(パルコ)」(渋谷区宇田川町)の内部が同19日、報道陣らに公開された。

夜はミックスバーになる「はまの屋パーラー/Campy! Bar」

 地下1階~地上9階、10階の一部の商業フロアにテナント192店を展開。特定の年齢層や性別にターゲットを絞らず、「唯一無二の次世代商業施設」と位置付ける「新生」渋谷パルコについて、パルコ(神泉町)牧山浩三社長は「2016(平成28)年8月7日にいったんクローズし、3年3カ月ぶりに新生・渋谷パルコとして『全く新しく変わった』と言っても過言ではないような『すてき』な施設になった」と自信を見せた。

[広告]

 「ファッション」「アート&カルチャー」「エンターテインメント」「フード」「テクノロジー」の5つを軸に編集する施設については、「アーキテクチャー」をポイントに挙げ、「パルコの原石が集積しているような(建築)デザインは、裏渋や神南から来ても自然と外遊回路を通って屋上広場に到達する、劇場からも人が降りてくるという編集コンセプト」と説明。公園通りの坂の途中に位置する立地から「坂」と「通り」に注目し、路面から建物外周に沿って通路・階段をらせん状に10階までつなぐことで「立体街路」を形成した遊び心のある設計の意図に触れ、「第2章、刻々と変化する渋谷パルコに期待していただきたい」と話した。

 公開された施設の中でも、エントランスフロアとなる1階は、「SHOTENGAI」をコンセプトに、高級ブランドやモードブランド、日本製の雑貨や日本酒、コスメなどを集積し商店街にあるバラエティー感を演出。公園通りに面し今回独自の内装デザインを採用したという伊「GUCCI」の大型店をはじめ出店する高級ブランドは近年20代を含む若い世代の売り上げが伸びていることから、渋谷パルコとのコンセプトが合致。「COMME des GARCONS」の世界初となる新業態店「COMME des GARCONS GIRL」などのブランドも目を引き、インバウンド需要も見込み海外で根強い人気を誇るコスメブランド「IPSA」や、IoT機器を導入したショールーム「βOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」やポップアップスペースも設ける。

 1階を貫通する「ナカシブ通り」を挟んで向かいのスペイン坂側の1階フロアには、「DIOR BEAUTY SHIBUYA」や「shu uemura」などのコスメブランド、NIGOさんが手掛ける、日本酒も扱う「HUMAN MADE」新業態店などが入る。

 柱の一つとし力を入れる「フード」の目玉となる地下1階「CHAOS KITCHEN」は、テナント誘致に際し、外国人にも人気の新宿ゴールデン街などの雑多感を意識したと言い、立ち飲みから鉄板焼き、回転ずし、パフェまで、業態やターゲットも異なる「個性的な名店」が出店。飲食店のすぐ隣にはレコード店「ユニオンレコード渋谷」や占い店が並ぶ「カオス」な空間は、天井や床に鏡面素材を使うことで近代的なデザインを取り入れる。環境デザインは建築家・藤本壮介さんが担当した。共用部分には、旧・渋谷パルコのファサードに使われていた「PARCO」の電飾ロゴのうち、「CHAOS」の頭文字となる「C」の文字も掲出する。

 2階は、モードとアートがキーワード。米「alexander wang」などの海外高級ブランドから、「ISSEY MIYAKE」などのドメスティックブランドとアートの要素をミックス。パルコ直営の「2G(ツージー)」などのギャラリーも点在し、ナカシブ通りから見えるウインドーは、田名網敬一さんによる横幅14メートルに及ぶアートが飾る。ランダムにしま模様が走る供用部分の床面は、渋谷スクランブルスクエアをイメージし、シンガポールの現代アーティストが担当した。

 3階は、性別やテイストのジャンルの垣根を越え、半数以上が施設初出店やブランドとして店を初めて持つショップとなる「トライアル要素が強い」フロア。「比較的リスクを取らずに出店できる」というパルコの自主編集売り場「GEYSER PARCO」の9区画は、1年周期でテナントを入れ替える予定。施設の外遊回路に面した人気ブランド「visvim」の直営店「PEERLESS」には「庭」スペースがあり、外遊通路を通らないと入れない古着店「BerBer Jin」など、特殊な設計を生かした店舗も。

 4階は、トレンドファッションとカルチャーを提案。トレンドの店を並べるだけでなく、ステーショナリー「DELFONICS」、アート雑貨「Meets by NADiff」なども出店し、カルチャー色が混在。直営の「PARCO MUSEUM TOKYO」も同フロアに「復活」する。「SNIDEL」「FRAY I.D」などマッシュスタイルラボ(千代田区)が手掛けるレディス人気ブランドも並ぶ。サスティナブルをテーマに、修理店や買い取り店が出店するのも特徴。

 5階は、ICT技術を駆使したフロア。日本初のICT売り場、テナントとパルコのオンラインストア、店頭の在庫のデータが連係。試着して気に入った商品を、フロアに設けた大型のサイネージから購入でき、テーマの一つに掲げる「テクノロジー」を打ち出す。従来の店に比べ店頭在庫を持たず売り場を小さく取った「CUBE PARCO」には、「Angelic Pretty」「Candy Strippe」などの国内人気ブランドが出店。壁面アートを国内アート制作会社「OVERALLS」が手掛け、国内で初めてプロジェクターで動くデジタルアートを投影するという「スターバックスコーヒー」も店を構える。

 新生・渋谷パルコの目玉の一つとする6階は、日本のポップカルチャーを集積し「ジャパンカルチャー」を発信。スーパーマリオなどの人気キャラクター商品が並ぶ任天堂の国内初の直営オフィシャルショップ「Nintendo TOKYO」や、内装にデジタル感を取り入れたポケモンの新オフィシャルショップ「ポケモンセンター シブヤ」をはじめ、人気ゲーム「刀剣乱舞-オンライン-」初の公式ショップ「刀剣乱舞万屋本舗」など日本を代表するコンテンツホルダーが集結。eスポーツカフェ「GG Shibuya mobile esports cafe&bar」では今後、同じ6階に出店する店とのコラボレーションも予定しているという。

 レストランフロアとなる7階は、小規模な店が集まる地下1階に対し、区画を広めに取った飲食店が出店。「世界の人が楽しんでもらえる」フードを意識し、すし、焼き肉、天ぷらなどの店を集積する。7階~9階には、規模が大きくなり再開する「パルコ劇場」が3層を使い劇場を構えるため、テナント数は少ない。

 8階は、施設の「エンターテインメント」の核を成すパルコ劇場のエントランスフロアとなる。1973(昭和48)年の開業時からパルコ内に劇場を構えパルコの文化戦略の一翼を担ってきた劇場が、旧劇場の約1.5倍となる座席数636席に規模を拡張。オールS席で鑑賞できる「プレミアムな空間」を演出し、年間公演は100%自主プロデュースする。同フロアにはほかに、直営ミニシアター「WHITE CINE QUINTO(シネクイント)」も入り、ジャンルを問わず「個性的」「良質」な作品を上映。オープニングは現代アーティスト草間彌生さんを追ったドキュメンタリー「草間彌生∞INFINITY」を上映。

 9階は、渋谷区の外郭団体「渋谷未来デザイン」がオフィスを構えるほか、クリエーター養成スクール「CREATIVE STUDIO GAKU/SUPER DOMMUNE」が拠点を構える。外遊回路の「到達点」となる10階にはウッドデッキの屋上空間が広がり、屋内の広場も含め、高級ブランドのレセプションや野外フェスのキックオフイベントなどを開催していく予定。

 「パルコの一番は変化し続けていくこと。(渋谷パルコは)本当のファッション、本当のカルチャーを次世代に引き継ぐ作業のステージになる」と話した牧山社長は「街の広がりとしては駅だけではない。NHKがあり、代々木公園があり、商店街がある、むしろパルコの位置が渋谷の『へそ』とも思っている。たまたま渋谷に来たけど、せっかくならパルコまでは行かなければいけない」と目標も語った。

 営業時間は、物販・サービス=10時~21時、飲食店=11時~23時30分(地下1階は一部異なる店あり)。

 ショップ一覧は以下の通り。

<地下1階「CHAOS KITCHEN」(計28店)>
「Ata' s(アタズ)」(オーブン料理/商業施設初・新業態)、「CARNI CERI A(カルニセリア)」(スパニッシュイタリアン/商業施設初・新業態)、「del i fu ci ous(デリファシャス)」(フィッシュバーガー/商業施設初)、「HUB+82(ハブ+エイティトウ)」(英国風PUB(新業態)、「Ji kasei MENSHO」(ラーメン)、「QUATTRO LABO(クアトロラボ)」(ミュージックカフェ&バー/商業施設初)、「SCHMATZ Beer Di ni ng(シュマッツビアダイニング)」(ビアレストラン)、「うどん おにやんま」(うどん/商業施設初)、「nya ㎡(ニャムニャム)」(韓国料理/新業態)「廻り寿し 渋谷寿し常(シブヤスシツネ)」(回転ずし/新業態)、「はまの屋パーラー/Campy!Bar(キャンピーバー)」(純喫茶・ミックスバー/商業施設初・新業態)、「ビーガン居酒屋 真さか(マサカ)」(居酒屋/商業施設初・新業態)、「未来日本酒店&SAKE BAR」(日本酒・SAKE BAR/商業施設初・新業態)、「甘味 おかめ」(甘味)、「極味や(きわみや)」(ハンバーグ)、「串カツあらた」(串カツ・カレー/商業施設初)、「米とサーカス」(ジビエと昆虫料理/商業施設初・新業態)、「立飲みビールボーイ」(クラフトビールバー・立ち飲み居酒屋/商業施設初)、「立呑み天ぷらKI KU(きく)」(天ぷら/商業施設初)、「ON THE CORNER shibuya(オンザコーナーシブヤ)」(カフェ・雑貨/商業施設初)、「Tyffoni um Cafe(ティフォニウム・カフェ)」(パフェ・雑貨/商業施設初・新業態)、「Condomania(コンドマニア)」(雑貨)、「GALLERY X(ギャラリーエックス)」(ギャラリー・雑貨)、「GAN-BAN/岩盤(がんばん)」(チケット・CDレコード・アパレルグッズ・雑貨・オーディオ機器)、「HIPSHOP(ヒップショップ)」(インナーウェア/新業態)、「UNI ONRECORD(ユニオンレコード)」(新品・中古アナログレコード・グッズ/商業施設初)、「QOHS(クオース)」(リラクセーション/商業施設初・新業態)、「クローバーリーフ」(占い)

<1階「SHOTENGAI -EDIT-TOKYO」(計22店)>
「COMME des GARCONS GIRL(コムデギャルソン ガール)」(レディス/商業施設初・新業態)、「GUCCI(グッチ)」(レディス・メンズ・レザーグッズ・ジュエリー)、「LOEWE(ロエベ)」(レディス・メンズ・レザーグッズ・ジュエリー)、「THOM BROWNE(トムブラウン)」(レディス・メンズ・レザーグッズ)、「H. P. DECO(エイチ・ピー・デコ)アート感のある暮らし」(レディス・服飾雑貨/商業施設初・新業態)、「discord Yohji Yamamoto(ディスコードヨウジヤマモト)」(バッグ)、「PORTER EXCHANGE(ポーターエクスチェンジ)」(バッグ・雑貨/商業施設初・新業態)、「AHKAH(アーカー)」(ジュエリー)、「O by New Jewelry(オー バイ ニュー ジュエリー)」(ジュエリー・雑貨/直営店初・商業施設初・新業態)、「IPSA(イプサ)」(化粧品)、「DIOR BEAUTY SHI BUYA(ディオール ビューティ シブヤ)」(化粧品・香水)、「shu uemura(シュウウエムラ)」(化粧品)、「Yves Saint Laurent Beaute(イブサンローランボーテ)」(化粧品)、「Discover Japan Lab.(ディスカバージャパンラボ)」(株式会社ディスカバー・ジャパン(日本文化・雑貨・日本酒/直営店初・商業施設初・新業態)、「βOOSTER STUDI O by CAMPFIRE(ブースタースタジオバイキャンプファイア)」(ショールーム/直営店初・商業施設初・新業態)、「POP BY JUN(ポップバイジュン)」(ポップアップ/直営店初・商業施設初・新業態)、「HUMAN MADE(ヒューマンメイド)」(レディス・メンズ・服飾雑貨・日本酒/商業施設初・新業態)、「WAVE(ウェイヴ)」(レディス・メンズ・服飾雑貨・音楽・コーヒー/直営店初・商業施設初・新業態)、「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS(BAR)(ザリトルショップオブフラワーズ/アトリエ)」(生花・雑貨・バー/商業施設初・新業態)、「COMINGSOON(カミングスーン)」(フードギャラリー・ポップアップスペース/商業施設初・新業態)、「CafeMarly(カフェマルリー)」(カフェ/商業施設初・新業態)、「PARIS SAINT-GERMAIN CAFE(パリサンジェルマンカフェ)」(カフェ・ビールスタンド・雑貨/商業施設初・新業態)

<2階「MODE&ART」(計23店)>
「2G(ツージー)」(スタジオ/直営店初・商業施設初・新業態)、「A. P. C.(アーペーセー)」(レディス・メンズ・服飾雑)、「alexander wang(アレキサンダーワン)」(レディス・メンズ)、「AMBUSH(アンブッシュ)」(レディス・メンズ/商業施設初)、「beautiful people(ビューティフルピープル)」(レディス・メンズ)、「COMME des GARCONS・JUNYA WATANABE MAN/COMME des GAR?ONS HOMME(コムデギャルソン・ジュンヤワタナベマン/コムデギャルソン・オム)」(メンズ)、「ENFOLD/n?gonstans(エンフォルド/ナゴンスタンス)」(レディス/新業態)、「ISSEY MIYAKE SHIBUYA(イッセイミヤケシブヤ)」(レディス・メンズ・バッグ)、「k3(ケイスリー)」(レディス・メンズ/新業態)、「KENZO(ケンゾー)」(レディス・メンズ)、「kol or(カラー)」(レディス・メンズ)、「MM6 Maison Margiela(エムエムシックスメゾンマルジェラ)」(レディス)、「MSGM(エムエスジーエム)」(レディス・メンズ・キッズ)、「Nei l Barrett(ニール バレット)」(メンズ)、「STONE ISLAND(ストーンアイランド)」(メンズ/商業施設初)、「TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.SHIBUYA(タカヒロミヤシタザソロイストシブヤ)」(メンズ)、「THE NORTH FACE LAB(ザノースフェイスラボ)」(レディス・メンズ/商業施設初・新業態)、「TOGA(トーガ)」(レディス・メンズ)、「UNDERCOVER NOISE LAB(アンダーカバーノイズラボ)」(レディス・メンズ/新業態)、「VIA BUS STOP(ビアバスストップ)」(レディス・メンズ)、「Ground Y(グラウンドワイ)」(レディス・メンズ)、「Santa Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ)」(インテリア・ライフスタイル雑貨)、「OIL by 美術手帖(オイルバイビジュツテチョウ)」(カフェ・ギャラリー・雑貨/直営店初・商業施設初・新業態)

<3階「CORNER of TOKYO STREET」(計38店)>
「08sircus(サーカス)」(レディス/商業施設初・新業態)、「ADAM ET ROPE' HOMME(アダムエロぺオム)」(メンズ)、「ANREALAGE(アンリアレイジ)」(レディス・メンズ/商業施設初)、「BerBerJin(ベルベルジン)」(古着・レディス・メンズ/商業施設初)、「BILLIONAIRE BOYS CLUB/I CECREAM(ビリオネア・ボーイズ・クラブ/アイスクリーム)」(レディス・メンズ/商業施設初)、「CINOH(チノ)」(レディス・メンズ)、「DENHAM TOKYO(デンハムトーキョー)」(レディス・メンズ/新業態)、「FAN(ファン)」(メンズ・古着・服飾雑貨/商業施設初)、「FEMMENT(ファーモン)」(レディス・メンズ/商業施設初・新業態)、「FRED PERRY(フレッドペリー)」(レディス・メンズ/新業態)、「g. sakayori.(ジードットサカヨリ)」(レディス/商業施設初・新業態)、「JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョンローレンスサリバン)」(レディス・メンズ/新業態)、「MISTERGENTLEMAN(ミスタージェントルマン)」(メンズ/商業施設初)、「MYne CODEX(マインコデックス)」(メンズ/商業施設初・新業態)、「NEXUSVII(ネクサスセブン)」(メンズ/商業施設初)、「NUBI AN(ヌビアン)」(レディス・メンズ/商業施設初)、「ONI TSUKA(ジ オニツカ)」(シューズ・バッグ/商業施設初・新業態)、「PARIS SAINT-GERMAIN STORE(パリサンジェルマンストア)」(レディス・メンズ/商業施設初・新業態)、「Paul Smith(ポール・スミス)」(メンズ)、「Saturdays New York City(サタデーズニューヨークシティ)」(メンズ・カフェ)、「STUDIOUS(ステュディオス)」(レディス・メンズ)、「styling/(スタイリング)」(レディス)、「UN3D.(アンスリード)」(レディス・メンズ/商業施設初)、「UNITED NUDE(ユナイテッドヌード)」(シューズ・雑貨)、「VERTI CAL GARAGE(バーチカルガレージ)」(メンズ・カフェ)、「PEERLESS(ピアレス)」(レディス・メンズ)、「KIJIMA TAKAYUKI(キジマタカユキ)」(帽子/商業施設初)、「PUEBCO(プエブコ)」(雑貨/商業施設初)、「Seiko Boutique(セイコーブティック)」(腕時計)、「Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド アクセサリー)」(バッグ・シューズ・雑貨・ジュエリー/新業態)
▼GEYSER PARCO(編集型売り場店舗)=「AULA(アウラ)」(レディス)、「BEST PACKING STORE(ベストパッキングストア)」(レディス・メンズ/商業施設初)、「ELIN(エリン)」(レディス/直営店初)、「FDMTL(ファンダメンタル)」(メンズ/商業施設初)、「Greed International Tokyo Store(グリードインターナショナルトウキョウストア)」(レディス/商業施設初)、「PAMEOPOSE(パメオポーズ)」(レディス・メンズ)、「SSW(シブヤソーシャルウェーブ)」(メンズ/直営店初)、「Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン)」(シューズ/直営店初)

<4階「FASHION APARTMENT」(計33店)>
「ADAM ET ROPE' FEMME(アダムエロぺファム)」(レディス)、「CABANE de ZUCCa(カバンドズッカ)」(レディス・メンズ)、「emmi(エミ)」(レディス)、「FRAY I.D(フレイアイディー)」(レディス)、「FURFUR(ファーファー)」(レディス)、「GRIMOIRE(グリモワール)」(レディス/商業施設初・新業態)、「iki(イキ)」(レディス/商業施設初・新業態)、「KIIRO(キイロ)」(レディス/商業施設初・商業施設初・新業態)、「Lily Brown boutique(リリーブラウンブティック)」(レディス)、「ORIGINATED IN GRACE CONTI NENTAL(オリジネイティッドイングレースコンチネンタル)」(レディス・バッグ・シューズ・雑貨/新業態)、「SNIDEL(スナイデル)」(レディス)、「U by SPICK&SPAN(ユーバイスピックアンドスパン)」(レディス)、「une nana cool(ウンナナクール)」(インナーウエア)、「ほぼ日カルチャん」(文化案内所/商業施設初・商業施設初・新業態)、「DELFONICS(デルフォニックス)」(ステーショナリー・雑貨・バッグ)、「giraffe(ジラフ)」(メンズ・ネクタイ/新業態)、「mi mi 33(ミミサンジュウサン)」(アクセサリー)、「Samantha Thavasa(サマンサタバサ)」(バッグ・雑貨)、「Le Tal on(ルタロン)」(シューズ・雑貨)、「RCOMONDE(マルコモンド)」(レッグウェア/直営店初・商業施設初)、「Meets by NADiff(ミーツバイナディッフ)」(アート雑貨/商業施設初・新業態)、「PARCO MUSEUM TOKYO(パルコミュージアムトーキョー)」(アートスペース)、「chompoo(チョンプー)」(レストラン/商業施設初・商業施設初・新業態)、「CLARINS(クラランス)」(コスメ・スパ)、「L:A BRUKET(ラブルケット)」(コスメ)、「Heaka AVEDA(ヒアカアヴェダ)」(ヘアサロン・コスメ・ネイルサロン)、「Licue & Sneakers(リクエアンドスニーカーズ)」(水洗いクリーニング・洗剤など・雑貨/商業施設初・商業施設初・新業態)、「Re?STOCK(リストック)」(修理・メンテナンス/商業施設初・商業施設初・新業態)、「RINKAN(リンカン)」(買い取り/商業施設初・新業態)
▼PORT PARCO(編集型売り場店舗)=「mintdesins garage store(ミントデザインズガレージストア)」(レディス・メンズ)、「sneeuw(スニュウ)」(レディス・メンズ/直営店初)、「カルチャーショップ by meetscal store,acidgallery(カルチャーショップバイミツカルストア、アシッドギャラリー)」(ファッション・雑貨・アート)、「Designers POPUP by Metro TOKYO (デザイナーズポップアップバイメトロトウキョウ)」(レディス・メンズ)

<5階「NEXT TOKYO」(計28店)>
「jouetie(ジュエティ)」(レディス)、「KBF(ケービーエフ)」(レディス)、「LAND by MILKBOY(ランドバイミルクボーイ)」(レディス・メンズ・雑貨)、「L.H.P. WOMEN(エルエイチピーウィメン)」(レディス)、「LOVELESS Sunny Side Floor(ラブレスサニーサイドフロア)」(レディス・メンズ)、「Lui's/EX/store(ルイスイーエックスストア)」(レディス・メンズ)、「merci beaucoup,(メルシーボークー)」(レディス・メンズ)、「URBAN RESEARCH iD(アーバンリサーチアイディ)」(メンズ)、「VOLCAN & APHRODITE(ヴォルカン&アフロダイティ)」(レディス・メンズ)、「calif(カリフ)」(レディス・メンズ/商業施設初・商業施設初・新業態)、「BAIT(べイト)」(シューズ・レディス・メンズ/商業施設初・商業施設初・新業態)、「ETUDE HOUSE(エチュードハウス)」(化粧品)、「JINS(ジンズ)」(アイウエア/新業態)、「Ti CTAC update(チックタックアップデート)」(腕時計・腕時計用ベルト/新業態)、「Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)」(バッグ)
▼CUBE(オムニチャネル型売り場店舗)=「Angelic Pretty(アンジェリックプリティ)」(レディス/新業態)、「Candy Stripper(キャンディストリッパー)」(レディス/新業態)、「Charles Chaton(シャルルシャトン)」(レディス/新業態)、「@Ray-Cassin.onlinestore. tokyo(アットマーク レイ-カズン. オンラインストア.トウキョウ)」(レディス/商業施設初・商業施設初・新業態)、「Emily Temple cute(エミリーテンプルキュート)」(レディス/新業態)、「evelyn(エブリン)」(レディス/新業態)、「j ami eエーエヌケー(ジェイミーエーエヌケー)」(レディス/新業態)、「にゃー SHOP(ニャーショップ)」(レディス・メンズ/新業態)、「RADI O EVA STORE(ラヂオエヴァストア)」(レディス・メンズ・雑貨/商業施設初・商業施設初・新業態)、「Anker Store(アンカーストア)」(雑貨/新業態)、「UNi CASE (ユニケース)」(スマートフォンアクセサリー/新業態)
「STARBUCKS COFFEE(スターバックス コーヒー)」(スペシャルティコーヒーストア)、「PARCO・セゾンカウンター」(カウンター)

<6階「CYBERSPACE SHIBUYA」(計10店)>
「CAPCOM STORE TOKYO(カプコンストアトーキョー)」(キャラクターグッズ/商業施設初・商業施設初・新業態)、「JUMP SHOP(ジャンプショップ)」(キャラクターグッズ)、「LB POP-UP THEATER(エルビーポップアップシアター)」(キャラクターグッズ/商業施設初・新業態)、「Nintendo TOKYO(ニンテンドートウキョウ)」(キャラクターグッズ・ゲーム関連商品/商業施設初・商業施設初・新業態)、「PENGUIN SOUVENIR(ペンギンスーベニア)」(雑貨・カプセルトイ/商業施設初・商業施設初・新業態)、「ポケモンセンターシブヤ(ポケモンセンターシブヤ)」(キャラクターグッズ)、「Tokyo Otaku Mode TOKYO(トーキョーオタクモードトーキョー)」(キャラクターグッズ/商業施設初・商業施設初・新業態)、「刀剣乱舞万屋本舗(トウケンランブヨロズヤホンポ)」(キャラクターグッズ/商業施設初・商業施設初・新業態)、「GG Shibuya mobile esports cafe&bar(ジージーシブヤモバイルイースポーツカフェアンドバー)」(カフェ/商業施設初・商業施設初・新業態)、「TOKYO PARADE goods&caf?(トーキョーパレードグッズ&カフェ)」(フードエンタメ・雑貨)

<7階「RESTAURANT SEVEN」(計8店)>
「金沢まいもん寿司(カナザワマイモンスシ)」(回転ずし)、「渋谷焼肉 KI NTAN(キンタン)」(焼き肉/商業施設初)、「多天ぷらたかお(ハカタテンプラタカオ)」(天ぷら)、「中華そば専門 田中そば店」(ラーメン)、「松尾ジンギスカン」(ジンギスカン/商業施設初・新業態)、「goo ITALIANO(グーイタリアーノ)」(イタリアン/商業施設初)、「FALAFEL BROTHERS(ファラフェルブラザーズ)」(ビーガン料理/商業施設初)、「M.I.U. N?2(エムアイユーナンバーツー)」(ショップ・ギャラリー/商業施設初・新業態)

<8階「THEATER、CINEMA、GALLERY」(計3店)>
「PARCO劇場」(劇場)、「WHITE CINE QUINTO(ホワイトシネクイント)」(シネマ/新業態)、「ほぼ日曜日」(イベントスペース/商業施設初・商業施設初・新業態)

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞