見る・遊ぶ

恵比寿ガーデンプレイスに「バカラ」シャンデリア 光による演出も

バカラのシャンデリアを中心としたイルミネーション

バカラのシャンデリアを中心としたイルミネーション

  •  
  •  

 恵比寿ガーデンプレイス(渋谷区恵比寿4)で11月2日、仏バカラ社のシャンデリアを中心としたイルミネーションの点灯を行う。

赤や緑など光による演出を行う

 クリスマスを中心に施設内を装飾するウインターイルミネーションの一環。1999(平成11)年以来20回目の展示となるバカラのシャンデリアは、メイン会場のセンター広場に設置する。クリスタルパーツ約8500ピースとシャンデリア250灯を組み合わせたもので、正面にルビー1個をあしらう。高さ=約5メートル、幅=約3メートル、重さ=1.8トン。今年は点灯中30分に1回(約4分)、シャンデリアに赤や青、緑などのライトを当てる特別演出を行う。

[広告]

 クリスマス・イルミネーションでは、時計広場や坂道のプロムナードなどをシャンパンゴールドの電飾約10万球でライトアップし、時計広場には高さ約10メートルのツリーを置く。ツリーは、昨年は赤を基調としたLEDを、今年は黄色やピンクなどのカラフルな色に変えた。

 グラススクエア横のシティウォールでは、恵比寿ガーデンプレイスタワーに本社を構えるコロプラが、4年目となるイルミネーション「コロプラキャナルウォーク」を展開。約100メートルの植栽には、コーポレートカラーである青色のLED約1万球と流れ星をイメージした「スノーフォールライト」、LEDパネルを装飾。毎日19時・20時・21時には、LEDがレインボーに変わる演出も行う。近くには星形のフォトスポットも設置し、初日にはコーポレートキャラクター「クマ」の来場も予定する。

 センター広場には昨年に続きシャンパンバーも出店する。仏インテリアデザイナーのジャック・グランジュさんがデザインしたクリスタルタイルのバーカウンターでは、「ブリュットレゼルブ」(1杯1,600円)などのシャンパンをバカラのシャンパングラス「ベガ シャンパンフルート」で提供する。営業時間は16時30分~21時(土曜・日曜・祝日は13時~、12月13日以降は日曜以外22時まで)。

 時計広場では、ヒュッテ(山小屋)風のショップ6店が出店するマルシェを展開し、ギフト向け商品やオーナメント、ペイストリーなどを販売する。ウェスティンホテル東京がプロデュースするフードトラックも出店し、バンショウ(ホットワイン、700円)、ホテル内の広東料理レストラン「龍天門」が同イベントのために作った牛バララーメン(900円)などを提供する。営業時間は12時~20時。

 点灯時間は11時~24時(イルミネーション・ツリーは16時~、2日は17時から点灯式)。2月24日まで(ツリー設置・マルシェは12月25日まで、シャンデリアの設置・「コロプラキャナルウォーク」は1月13日まで)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019