見る・遊ぶ

表参道ヒルズでイルミネーション点灯へ 「水」使ったクリスマスマスツリー

水を取り入れた演出をするクリスマスツリーのイメージ

水を取り入れた演出をするクリスマスツリーのイメージ

  •  
  •  

 表参道ヒルズ(渋谷区神宮前4)で11月13日から、イルミネーションなどを展開するクリスマスプロモーションが始まる。

点灯中は30分に1回特別演出を行う

 本館吹き抜け大階段でイルミネーションを展開している同館では、2017(平成30)年から「アートの視点」を取り入れている。今年はデザインスタジオ「we+(ウィープラス)」を起用し、「水の魔法にいざなわれるクリスマス」をテーマに展開する。

[広告]

 吹き抜け大階段には、大小異なるサイズの水槽約40個で囲んだ高さ約7メートルのクリスマスツリーを設置。水槽には、水中では水と一体化し見えなくなる「高吸水性高分子(吸水性ポリマー)」を敷き詰め、水位をランダムに調整することで、ツリーが見え隠れするようにする。天井には、ツリーの水槽をイメージしたゴールドのフレームをオブジェとして装飾する。

 期間中、30分に1回、音と光に合わせた特別演出を約5分間行う。天井のフレームが光り、中央のツリーに集まるとともに、全ての水槽が水で満たされ、LEDライトを装飾したツリーが姿を現すという。

 点灯時間は11時~23時。12月25日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞