見る・遊ぶ

原宿に「ラジオエルメス」期間限定スペース 収録スタジオやVR体験など

原宿にオープンした「ラジオエルメス」限定空間 ©Nácasa&Partneres Inc.

原宿にオープンした「ラジオエルメス」限定空間 ©Nácasa&Partneres Inc.

  •  
  •  

 メゾン「HERMÈS(エルメス)」のメンズの世界を表現した期間限定のインターネットラジオ「ラジオエルメス」の収録スタジオなどを展開するスペースが9月1日、原宿にオープンした。

公開生収録を行うラジオステーション

 ファッションをはじめ、音楽やカルチャー、食、旅や日本などのトピックスを軸に、メンズ部門のアーティスティック・ディレクター、ヴェロニク・ニシャニアンさんがつくり上げる世界観を「ラジオ」を通じ発信。併せて、キャットストリート近くのイベントスペース「CASE W」(渋谷区神宮前6)にラジオステーションを開設。趣向を凝らしたディスプレーやVR体験などでメゾンの「エスプリ」を体験してもらうのが狙い。

[広告]

 アーティスティック・ディレクションを手掛けたのは、人気アートディレクターのYOSHIROTTEN(ヨシロットン)さん。階段を下ると広がる半地下の1階スペースでは、エントランス付近の壁面に2019年秋冬メンズコレクションのランウェー映像を投影。ラジオ音源を流す大型のステレオも置く。連日公開生放送を行うラジオステーションには、レコーディングスタジオを併設する。

 ディスプレーも随所に配置し、新作バッグとラジカセを積み上げた空間や、ユニークな仕掛けを用意する「レコードシェルフ」などが登場。シェルフ中段に置かれたLPレコードのジャケットはスカーフ柄のデザインで、レコードを専用の白いボードの上に置くと、これまでパリコレクションのランウェーで流してきた音源が流れ、ヘッドホンで聴ける仕組み。そのほか、坂本龍一さん&本條秀慈郎さん、野田洋次郎さん(RADWIMPS)、仏音楽グループ「Camp Claude」の3組によるライブパフォーマンスの映像を流し、壁面に写真をコラージュした空間も。

 2階には、ライブパフォーマンスを約3分間のVRで追体験できる空間を用意。新作スニーカーと、電飾でグラフィカルに表したメゾンのロゴなどで壁面を飾り付ける。物販は行わない。

 配信を予定する主な番組は、アーティスティック・ディレクター、ニシャニアンさんをはじめエルメスのメンズのキーパーソンがクリエーションについて語る「エルメスのメンズの世界」、坂本さん、野田さんらによるライブパフォーマンスを動画とともに配信する「ラジオエルメス・ツアー」、写真家・石川直樹さんやユナイテッドアローズ上級顧問・栗野宏文さんら国内の識者を招き、ニシャニアンさんの気になる「もの」や「こと」を取り上げ、エルメスとの関係性をひもとく「ヴェロニク・ニシャニアンのABC-book」など。

 開設時間は11時~20時(公開生配信は月曜~金曜の19時~20時、土曜・日曜の14時~16時)。9月29日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019